古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

MacBookも採用 USB Type-C、便利さ早わかり

NIKKEI STYLE のロゴ NIKKEI STYLE 2018/11/09 11:00

パソコンのほか、Android(アンドロイド)スマートフォンでも採用例が増えている。抜き挿しする機会が多いため、向きを気にせず挿せるのが便利だ © NIKKEI STYLE パソコンのほか、Android(アンドロイド)スマートフォンでも採用例が増えている。抜き挿しする機会が多いため、向きを気にせず挿せるのが便利だ

USBはパソコン以外にも非常に多くの製品で利用されている。しかし、長く使われてきた規格だけあって進化とともに端子の種類が増えてしまった。機器ごとにケーブルを使い分けなければならない場合もあり、不便に感じている人も多いだろう。

そこで登場したのがUSB Type-C端子だ。ここ1、2年で急速に対応製品が増えており、既にスマートフォンで利用している人も多いのではないだろうか。パソコンのMacが好きな人ならば、「MacBook」(アップル)が2015年モデルから外部端子をUSB Type-Cとオーディオ端子だけにして話題になったことを覚えているだろう。

アップルの「MacBook」は外部インタフェースがUSB Type-C1つだけ。「MacBook Pro」でもUSB Type-Cと端子形状が同じ「Thunderbolt 3」が4つに増えるだけだ。ここまで端子を減らせるのは、USB Type-C端子の汎用性が高いため © NIKKEI STYLE アップルの「MacBook」は外部インタフェースがUSB Type-C1つだけ。「MacBook Pro」でもUSB Type-Cと端子形状が同じ「Thunderbolt 3」が4つに増えるだけだ。ここまで端子を減らせるのは、USB Type-C端子の汎用性が高いため

■何でもできるType-C端子

USB Type-Cは非常に革新的で、USBに関するもろもろの不満を解消する可能性を秘めている。代表的な機能をまとめたのが図3だ。順に解説しよう。

USB Type-C端子は裏表反対にしても挿せる形状がクローズアップされがちだが、本来の魅力は活用できる幅の広さだ。高速データ転送、充電、映像入出力と従来のUSB端子を超えた使い方ができる © NIKKEI STYLE USB Type-C端子は裏表反対にしても挿せる形状がクローズアップされがちだが、本来の魅力は活用できる幅の広さだ。高速データ転送、充電、映像入出力と従来のUSB端子を超えた使い方ができる

USB Type-C端子は従来のUSB Type-A端子(文末用語解説参照)などとは物理的な互換性がない。これは評価が分かれるかもしれないが、互換性を重視するあまり端子が大きくなってしまうのを避けられたことは大きい。もちろん、小型の端子でもUSB 3.2で追加された最大20Gbpsの高速伝送に対応できる。

最も有名な特徴は裏表反対にしても挿せることだろう。向きを確認しなくてもよいのはとても便利だ。ホスト用とクライアント用の区別がなくなったのも、地味だが便利なポイント。これはUSB Type-A端子とUSB Type-B端子(用語解説参照)のことで、規格上はパソコンなど制御する側と周辺機器など制御される側で端子を使い分ける必要がある。ケーブルの種類が増えた要因の一つだ。

「Power Delivery(PD)」はUSB端子の給電能力を高める規格。機器が対応すれば、最大100Wもの電力を供給できる © NIKKEI STYLE 「Power Delivery(PD)」はUSB端子の給電能力を高める規格。機器が対応すれば、最大100Wもの電力を供給できる

もう一つ、使い勝手の向上に役立つ機能が「Power Delivery(PD)」だ。これは対応する機器に対して最大100Wの電力を供給できるというもの。対応していれば、ノートパソコンをUSBで充電できる。

汎用性を高める機能として重要なのが「Alternate(オルタネート)モード」だ。これはUSBケーブルにUSB以外の機能を持たせられる動作モード。代表的な活用方法が、映像信号を乗せるやり方だ。例えば、DisplayPort(用語解説参照)の信号を流すことで、USBケーブルがDisplayPortケーブルになる。図で万能端子と表現したのは、設計次第でほぼどんな信号でも流せるようになるためだ。

オルタネートモードを全面的に利用しているのがThunderbolt 3(サンダーボルト 3)だ。従来のThunderbolt端子を廃止し、USB Type-C端子を採用した。ただし、Thunderbolt 3を利用するには対応するケーブルが必要になる。

独自ケーブルを使う印象のあるアップルの「iPhone」シリーズも、実はオプションの急速充電器ではUSB Type-Cを採用している。

一つ注意しなければならないのは、USB Type-Cは端子の規格であり、パソコンがUSB Type-C端子を搭載していれば全ての機能が使えるというわけではないことだ。USB 2.0対応でPDもオルタネートモードも利用できないUSB Type-C端子もあり得る。どの機能が利用できるのかはパソコンの仕様次第となる。

■用語解説

【USB Type-A】

ホストコンピューター(パソコン)側に接続する、平らな形をした標準的なUSBコネクターの形状。「スタンダード-A」端子とも呼ばれる。

【USB Type-B】

プリンターやスキャナーなど、デバイス(パソコン周辺機器)側に接続するUSBコネクターの形状。標準コネクターでは小さな正方形をしている。

【DisplayPort】

液晶ディスプレーなどをつなぐ、デジタル映像インターフェース規格。標準化団体のVESA(ビデオ・エレクトロニクス・スタンダーズ・アソシエーション)が策定した。最新規格の1.4で8K映像の表示に対応した。

[日経パソコン2018年10月25日号の記事を再編集]

NIKKEI STYLEの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon