古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ベルグラーノ、昇格を祝うも、パーティーは悲劇に終わる危険性あり

アルゼンチン・コルドバのクラブ、アトレティコ・ベルグラノがアルゼンチンサッカーのトップリーグ、プリメーラ・ディビシオンに復帰し、オープントップバスで市内を移動して祝いました。ある時、バスはとても低い橋の下を通りました。恐怖の瞬間。Avenida Juan B. Justoの橋の下を通過すると、バスの先頭にはベルグラノの選手たちがいた。ファンの心配の声が聞こえる中、選手たちはできるだけ低い姿勢で身をかわし、悲惨な結果を招くであろう構造物への衝突を数センチで回避した。この模様は動画に収められ、SNSで拡散された。

次の動画

次の動画

image beaconimage beaconimage beacon