古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「日本との関係は触らない方がいい」日韓対立が激しさを増す中“日本放置”を続ける韓国の思惑とは?

FNNプライムオンライン のロゴ FNNプライムオンライン 2019/01/11 20:00 FNN.jpプライムオンライン
© FNN.jpプライムオンライン

「謙虚な姿勢を」「責任転嫁だ」激しさ増す日韓対立

日韓が激しく対立している、いわゆる“徴用工問題”。

元徴用工の韓国人男性が日立造船に対して損害賠償を求めた裁判で、1月11日ソウル高裁は1審に続き日立造船側に5000万ウォン、日本円でおよそ500万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

10日の年頭会見で「日本政府は(徴用工)問題について、もう少し謙虚な姿勢を持たないといけないと思う」と不快感をあらわにした文在寅大統領。

© FNN.jpプライムオンライン

これに対し、菅官房長官は「今般の文大統領の発言は、韓国側の責任を日本側に転嫁しようというもので、極めて遺憾」と、強い口調で批判した。

© FNN.jpプライムオンライン

韓国の大手新聞は大統領会見を伝えるにあたり、南北問題や深刻な国内の経済問題に多くの紙面を割き、日韓関係をめぐる発言を論評した記事はほとんど見られなかった。

韓国側に反発を強める日本政府

11日開かれた自民党の外交部会では「韓国は国際法を守らない国だと明確に言うべき」などの厳しい意見に加え、「駐韓大使の召喚」「何らかの経済制裁」といった強硬な対抗措置を求める意見が相次ぐ中、政権幹部からは「韓国の考えていることはわからない」など、失望を通り越して諦めの声も挙がっている。

© FNN.jpプライムオンライン

日本との関係に「おいしさ」無し?

日本が早期の対応を要求しているのに対し「(朴槿惠政権時代)元徴用工裁判の判決を出すことを韓国最高裁が遅らせたとされる事件の捜査が続いている」として、日本への対応を急がない姿勢を見せる文大統領。

この事件をめぐり、韓国検察は11日、前最高裁長官を出頭させ職権乱用などの疑いで取り調べを始めた。

“日本放置”ともとれる韓国の態度。

菅官房長官は日本政府の対応について「どのタイミングで何を行うか、そうしたことについて具体的内容は政府のほうから手の内を明らかにすることになるので、控えたい」とコメントしている。

今後の韓国政府の出方について、元駐韓大使の武藤正敏氏は「日本に謝ることは絶対にしない。(謝罪すれば)支持者から反発をくらう。でも、日本を批判しても一般の人たちが文大統領を支持することにはならない。だから『日本との関係はあんまり触らないほうがいい』と…」と分析している。

© FNN.jpプライムオンライン

日本が動かず「韓国側の出方を待つ」一方で、二国間協議や国際司法裁判所で日本に勝てる見込みの低い韓国側もまた動けない状況にあるというのも事実だろう。

2013年、朴槿惠前大統領がアメリカ議会で“日本批判大演説”をし、最悪の状態になった日韓関係に割って入ったのはアメリカだったという。

日韓の対立が激しくなる中、トランプ大統領がどう動くのかも今後の1つのポイントになりそうだ。

(「プライムニュース イブニング」1月11日放送分より)

FNNプライムオンラインの関連リンク

FNNプライムオンライン
FNNプライムオンライン
image beaconimage beaconimage beacon