古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

クリントン氏、機密記号の意味知らなかった FBIが捜査記録公開

AFPBB News のロゴAFPBB News 2016/09/03

【AFP=時事】連邦捜査局(FBI)は2日、米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏が、国務長官在任中に私用メールアドレスを公務に使用していた問題をめぐる捜査記録を公開した。共和党の対立候補ドナルド・トランプ(Donald Trump)氏の陣営はこの機を逃さず、「クリントン氏の途方もない判断力の低さと不誠実さ」がいっそう明らかになったと攻撃を強めている。

 公開された捜査記録は全58ページ。大幅に編集の手が加えられ、14ページが丸々黒く塗りつぶされている。

 この記録によれば、クリントン氏の電子メールサーバーには侵入された形跡は見つからなかったが、メール送信に使われたモバイル機器の幾つかの状況が確認できなかったため、侵入の可能性を排除できないとFBIは指摘。「外国の敵対的勢力がクリントン氏と日常的に連絡を取り合っていた複数の個人のメールアカウントに侵入し、クリントン氏の私用メールアドレスの間でやりとりしたメールを入手していたことが分かった」としている。

米ネバダ州リノで開いた選挙集会で支持者らにあいさつする民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン前国務長官(2016年8月25日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News © AFPBB News 提供 米ネバダ州リノで開いた選挙集会で支持者らにあいさつする民主党の大統領候補ヒラリー・クリントン前国務長官(2016年8月25日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

 捜査記録からは、クリントン氏が捜査官に対し、機密情報を含むメールには記号「C」がつけられていたことを知らなかったと述べたことも明らかになった。「クリントン氏は、段落の冒頭に記された『C』の意味を知らなかったと言った。アルファベット順の段落記号だと思っていた、と」

 また、機密レベルの分類である「トップシークレット」「シークレット」「コンフィデンシャル」の違いを認識しているかと問われたクリントン氏は「機密の『レベル』は気にしていなかったが、全ての機密情報を真剣に扱っていた」と答えたという。

 FBIはクリントン氏への聴取の総括として、同氏は国務長官を退任するに当たって国務省の記録の作成と保存に関する指示や説明を一切受けていなかったと結論付けている。また、クリントン氏は国務長官を退任する約2か月前の2012年12月に脳震とうを起こし、直後の1月初旬ごろ、血栓を発症。主治医の助言に従い、国務長官の任務は1日数時間しかできず、ブリーフィングを受けた内容も全ては思い出せなかったとしている。

 クリントン氏が血栓のため記憶に欠落があるとの示唆は、同氏には大統領職に耐える体力がないと主張するトランプ陣営にとっては格好の攻撃材料となり得る。

【翻訳編集】AFPBB News

image beaconimage beaconimage beacon