古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

コンゴ大統領選、野党候補勝利 18年ぶり政権交代へ

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2019/01/10 12:52 AFPBB News
フェリックス・チセケディ氏。コンゴ民主共和国の首都キンシャサにて(2018年12月21日撮影)。 © Luis TATO / AFP フェリックス・チセケディ氏。コンゴ民主共和国の首都キンシャサにて(2018年12月21日撮影)。

【AFP=時事】(更新)アフリカ中部のコンゴ民主共和国で昨年末に行われた大統領選挙で、独立国家選挙委員会(CENI)は10日、野党候補のフェリックス・チセケディ(Felix Tshisekedi)氏が当選したと発表した。当選結果は当初6日に発表される予定だったが、延期されていた。同国で政権交代が実現するのは18年ぶり。

フェリックス・チセケディ氏。コンゴ民主共和国の首都キンシャサにて(2018年12月21日撮影)。 © Luis TATO / AFP フェリックス・チセケディ氏。コンゴ民主共和国の首都キンシャサにて(2018年12月21日撮影)。

 CENIのコルネイユ・ナンガ(Corneille Nangaa)委員長によると、チセケディ氏の暫定得票率は38.57%だという。チセケディ氏当選が発表されると、CENIの建物に集まった人からは歓声が上がった。

フェリックス・チセケディ氏。コンゴ民主共和国の首都キンシャサにて(2018年12月21日撮影)。 © Luis TATO / AFP フェリックス・チセケディ氏。コンゴ民主共和国の首都キンシャサにて(2018年12月21日撮影)。

 コンゴでは現職のジョゼフ・カビラ(Joseph Kabila)大統領が2016年の任期終了後も政権に居座り、ここ2年間は各地で抗議や衝突が発生していた。カビラ氏は昨年、辞任の意向を表明していた。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon