古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

シリア攻撃でも米国との対話望む、ロシア大統領府が表明

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2018/04/16 22:21

【AFP=時事】ロシア大統領府は16日、同盟国であるシリアに対する米主導の攻撃があったものの、なお米政府との対話を望んでいると表明した。

 ロシアのドミトリー・ペスコフ(Dmitry Peskov)大統領報道官は、「目下、米政府が二国間関係にダメージを与えている」にもかかわらず、「何らかのコミュニケーションが始まることをわれわれは望んでいる」と述べた。

 ただ同報道官は、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領とロシアのウラジーミル・プーチン(Vladimir Putin)大統領による米ロ首脳会談の可能性について、現在のところ両国は議論してないとしている。

シリア攻撃でも米国との対話望む、ロシア大統領府が表明: シリアの首都ダマスカス北郊のバルゼで、米英仏軍による空爆を受けた科学研究リサーチセンター(写真下、2018年4月14日撮影)と、受ける前の同センター(写真上、2018年4月11日撮影)を比較した写真(2018年4月15日作成)。 © AFP PHOTO / CNES / Distribution Airbus DS シリアの首都ダマスカス北郊のバルゼで、米英仏軍による空爆を受けた科学研究リサーチセンター(写真下、2018年4月14日撮影)と、受ける前の同センター(写真上、2018年4月11日撮影)を比較した写真(2018年4月15日作成)。

 米英仏は先週末、ロシアの支援を受けるシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権が毒ガス攻撃を行ったとして、化学兵器開発に関与しているとみられる施設に対し攻撃を実施していた。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon