古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ氏に2.2億円支払い命令、財団の資金流用で NY州最高裁

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2019/11/08 12:37 AFPBB News
米ルイジアナ州モンローでの選挙集会で演説するドナルド・トランプ大統領(2019年11月6日撮影)。 © MANDEL NGAN / AFP 米ルイジアナ州モンローでの選挙集会で演説するドナルド・トランプ大統領(2019年11月6日撮影)。

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が、自身の慈善団体「ドナルド・J・トランプ財団(Donald J. Trump Foundation)」を通じて集めた寄付金を政治活動や事業の利益のため流用したとして、米ニューヨーク州最高裁は7日、トランプ氏に200万ドル(約2億2000万円)の支払いを命じた。

 訴訟はニューヨーク州のレティシア・ジェームズ(Letitia James)州司法長官が昨年7月に提起。トランプ氏は同12月、財団の解散に同意したが、州検察当局は流用された資金の返還と罰金の支払いを求めていた。

 サリアン・スカープラ(Saliann Scarpulla)判事はトランプ氏に対し、複数の非営利団体に計200万ドルを支払って訴訟の和解を完了するよう命じた。 

 原告の州検察当局は、トランプ氏が財団の資金を流用し、複数の裁判での和解金や自身の名前を冠したホテルの宣伝費、所有するゴルフクラブに飾る肖像画の購入などの個人的支出をまかなっていたと非難。また、2016年初頭にトランプ財団の資金集めの名目で開いたパーティーが、実際は2016年米大統領選の選挙集会だったとも指摘していた。

 ニューヨークの裁判所で地元出身のトランプ氏が絡んだ訴訟は、今週だけで3回目。4日には、選挙公約の8年分の納税記録公開をめぐる控訴審で裁判所が開示命令を出したほか、トランプ氏にレイプされたと告発するコラムニストのジーン・キャロル(E. Jean Carroll)氏が、でっち上げの疑惑だと非難したトランプ氏を名誉毀損(きそん)で訴えている。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon