古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

マレーシア機撃墜、殺人罪で起訴へ ロシアの元軍人ら

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 2019/06/20 00:31 朝日新聞社
ウクライナのドネツク地域で2014年7月、マレーシア機が墜落した現場を調べるマレーシア当局の調査官=ロイター © 朝日新聞社 ウクライナのドネツク地域で2014年7月、マレーシア機が墜落した現場を調べるマレーシア当局の調査官=ロイター

 2014年にウクライナ東部を飛行中のマレーシア航空機が撃墜され、乗客・乗員計298人全員が死亡した事件でオランダの検察当局は19日、ロシアの情報機関や軍に所属していたロシア人の男3人とウクライナ人の男、計4人を殺人罪などで起訴すると発表した。オランダ検察はロシア当局の関与があったとしている。

 事件は、ウクライナ政府軍と、親ロシア派武装勢力が激しい戦闘を続けているさなかに発生。ウクライナや米国などが親ロシア派の犯行と批判する一方、ロシア側は一貫して関与を否定していた。訴追をめぐり、ロシア側は反発している。

 検察当局は4人の身柄を確保しておらず、顔写真を公開し、国際逮捕状を発行する。オランダの地元メディアによると、検察当局はロシア側が容疑者の引き渡しなど、裁判に協力する可能性は低いとみている。容疑者が出廷しなくても、来年3月に裁判を始める予定だという。

 ロシア人の3人のうち1人は事件当時、ウクライナの親ロシア派が支配する地域が自称していた「ドネツク人民共和国」で防衛大臣を名乗っていたイゴーリ・ギルキン容疑者。旧ソ連の国家保安委員会(KGB)の後継組織であるロシア連邦保安局(FSB)の前大佐だという。当時、ウクライナのメディアはマレーシア航空機が連絡を絶った直後、同容疑者がソーシャルメディアで「たった今、輸送機をもう一機撃ち落とした」と書き込んでいたと伝えている。

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon