古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

EU離脱案150票以上大差で否決も-メイ英首相「世紀の敗北」か

Bloomberg のロゴ Bloomberg 2019/01/15 16:02 Thomas Penny、Robert Hutton

(ブルームバーグ): メイ英首相が欧州連合(EU)と取り決めた離脱合意案を承認するかどうか決める議会採決が、15日に下院で行われる。土壇場まで支持を訴える首相の嘆願にも議員らは耳を傾けず、離脱案は少なくとも95年ぶりの大差で否決される見通しだ。首相が敗れるかどうかでなく、どれほどひどい敗北になるかが攻防の焦点となりつつある。

  首相率いる与党保守党議員の少なくとも70人、メイ政権を閣外協力で支えてきた北アイルランドのプロテスタント強硬派、民主統一党(DUP)の議員らは、15日の採決で離脱案反対に回ると公言しており、150票以上という1世紀余り見られなかった大差で離脱案が否決されることになりそうだ。一部が棄権に回り、100票余りで否決されたとしても1924年以降で最悪の結果となる。

  英国時間15日午後7時(日本時間16日午前4時)から予定される採決のプロセスをEU当局と市場が注視することになり、みずほ銀行のヘッジファンド為替セールス(金融機関)責任者ニール・ジョーンズ氏は、220票を上回る大差で否決された場合、ポンドの対ドル相場が1ポンド=1.225ドルまで下落する恐れがあると予測する。

  複数のEU当局者は、60前後を上回る票差で否決されれば、離脱案が死んだも同然であることを恐らく意味し、離脱交渉は未知の海域に入るが、票差がそれより少なければ、より受け入れやすくするための新たな方策を検討する可能性があると先週語った。

MPs Prepare For The Meaningful Vote On Tuesday © Getty Images via Bloomberg MPs Prepare For The Meaningful Vote On Tuesday

メイ英首相

  メイ首相のEU離脱プランに抗議して外相を辞任したボリス・ジョンソン氏は、離脱案の破綻が目前に迫っている状況を歓迎し、その場合には「熱烈」に合意なき離脱を支持する姿勢を示した。

  事情に詳しい複数の関係者によると、英首相官邸は、アイルランド国境へのハードボーダー(物理的壁)設置回避を保証する「バックストップ」に終了日の設定を求める保守党のアンドルー・マリソン議員の修正案を支持するかどうか検討しているもようだ。

  マリソン議員は「バックストップの取り決めが2021年12月31日に失効すると明記する」方向で離脱合意案を修正すべきだと提案している。

原題:May Faces Worst Government Defeat in 95 Years in Key Brexit Vote

May Said to Mull End-Date Plan for Backstop to Win Brexit Vote(抜粋)

(首相官邸がバックストップ巡る修正案の支持を検討しているとの情報を追加して更新します.)

記事に関する記者への問い合わせ先:ロンドン Thomas Penny tpenny@bloomberg.net;ロンドン Robert Hutton rhutton1@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Tim Ross tross54@bloomberg.net, Robert Jameson

For more articles like this, please visit us at bloomberg.com

©2019 Bloomberg L.P.

image beaconimage beaconimage beacon