古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ロシア、反対派は「外国代理人」 マスコミ法改正、排外主義強める

共同通信 のロゴ 共同通信 2019/12/03 09:37 共同通信社
ロシア・ソチでの会議に出席したプーチン大統領=2日(タス=共同) © KYODONEWS ロシア・ソチでの会議に出席したプーチン大統領=2日(タス=共同)

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は2日、外国メディアの情報をインターネットなどで伝える個人を「外国代理人」に指定することなどを盛り込んだマスコミ法の改正案に署名した。改正法は政府のサイトに同日公表され、発効した。

 対象となるのは動画投稿サイト「ユーチューブ」などで厳しいプーチン政権批判を繰り広げる独立系ジャーナリストやブロガーとみられる。反政権派を外国代理人とし排除しようとするもので、ロシアで強まる排外主義を象徴する動きだ。

 文化人や科学者、人権擁護活動家らが法案に署名しないようプーチン氏に要請していた。

配信元サイトで読む

image beaconimage beaconimage beacon