古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国:「反撃せざるを得ない」対米報復を強調

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2018/07/12 21:15

 【武漢・赤間清広】中国商務省は12日、トランプ米政権の対中批判に反論する声明を発表した。米側が批判する中国政府による知的財産権侵害や、外国企業に対する技術移転強要などについて事実ではないと強調。米政権が知財侵害などを理由に対中制裁規模を約2000億ドル(約22兆円)分積み増す方針を示したことに対して「反撃措置を取らざるを得ない」と報復する姿勢を改めて示した。報復の規模や内容には言及していない。

中国商務省の高峰報道官=2018年7月5日、赤間清広撮影 © 毎日新聞 中国商務省の高峰報道官=2018年7月5日、赤間清広撮影

 声明では「米国は国際ルールに何ら基づかず、一方的に貿易戦争を引き起こした」と一連の対中制裁を強く非難。米政権の手法は「保護主義の典型だ」と断じた。貿易戦争の激化が「世界経済をも危険にさらす」と警告した上で、「すべての責任は米国にある」と強調した。

 国内法に基づく一方的な措置で世界に混乱を広げるトランプ政権の対中批判に逐一反論することで、中国の正当性を広くアピールし、国際社会と連携して米政権に対抗する狙いがありそうだ。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon