古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中国の公船2隻、日本の領海内を航行 津軽海峡周辺で

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 6日前

 第2管区海上保安本部は17日、中国海警局所属の公船「海警」2隻が、津軽海峡周辺の領海内を航行したと発表した。津軽海峡周辺で、海警局所属の公船が領海内を航行したのは初めてだという。

 2管によると、17日午前8時5分ごろと同20分ごろ、青森県西津軽郡の艫作崎(へなしさき)から西北西の領海に、「海警2506」と「海警1304」の2隻が入ったのを巡視船が確認した。2隻は午前9時35分ごろと同45分ごろに領海を出た。

 また、午前11時45分ごろと同55分ごろに、青森県東津軽郡の龍飛崎から北東の領海に2隻が入ったのを巡視船が確認した。2隻は午後3時20分ごろと同25分ごろに領海を出たという。

 2管は、2隻がいずれも領海内にとどまっていないことなどから、領海侵犯にあたらないとしている。

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon