古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

中米から新たな移民集団が北上中 メキシコ、国境警戒強化

共同通信 のロゴ 共同通信 2019/01/17 12:16 共同通信社
16日、中米ホンジュラスで、米国を目指してグアテマラへの入国許可を求める移民を落ち着かせようとする警察官(手前)(ロイター=共同) © KYODONEWS 16日、中米ホンジュラスで、米国を目指してグアテマラへの入国許可を求める移民を落ち着かせようとする警察官(手前)(ロイター=共同)

 【ロサンゼルス共同】メキシコからの報道によると、中米ホンジュラスから米国を目指す新たな移民集団(キャラバン)の約500人が16日までに、メキシコと国境を接するグアテマラ南西部に到着した。中米エルサルバドルからも約200人が出発しており、メキシコ政府は国境地帯の警戒強化を続けている。

 トランプ米大統領は16日までに「新たなキャラバンが南部国境に向かっている。壁だけがわが国の安全を守る!」とツイッターに書き込み、国境の壁建設費の予算を認めない民主党を批判した。

共同通信の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon