古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

人食いワニ出没付近で遊泳 「世紀の大ばか者」と非難殺到 豪

AFPBB News のロゴAFPBB News 2017/10/24

【AFP=時事】オーストラリア北部で24日、高齢女性がワニに襲われて死亡した場所の付近に仕掛けられたワニ用のわなのそばで男性グループが遊泳し、わなの中に入るなどしていたことが分かり、「世紀の大ばか者」と激しい非難の声が上がっている。

 フェイスブック(Facebook)に投稿された写真には、男性4人が北部クイーンズランド(Queensland)州の観光地ポートダグラス(Port Douglas)の港近くに設置されたワニ用のわなによじ登ったり、わなの中でポーズを取ったりしているところが写っている。

 男性らが泳いでいたのは、先日、認知症を患っていたアン・キャメロン(Anne Cameron)さん(79)がワニに襲われて死亡した現場付近。キャメロンさんを襲った全長4.3メートルのワニは捕獲され、体内から人体の一部が発見されたが、この地域の河川や海には多数のワニが生息している。

 地元自治体の首長を務めるジュリア・ルー(Julia Leu)氏はオーストラリア放送協会(ABC)に対し、この付近で男性らが泳いでいたのは「とんでもなく愚かで危険な行為」と述べ、「彼らは今年の大ばか大賞、もしくは世紀の大ばか者大賞を争える」と非難した。

口を開けるワニ(2017年10月21日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News © AFPBB News 提供 口を開けるワニ(2017年10月21日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

 イリエワニ(別名:海水ワニ)は最大で全長7メートル、体重1トン以上にまで成長し、オーストラリア北部の熱帯地域に多く生息する。年に平均2人がイリエワニに襲われて死亡している。

 オーストラリアでは、ワニのわなを妨害する行為をした場合、最大1万5000豪ドル(約130万円)の罰金が科せられる。

【翻訳編集】AFPBB News

image beaconimage beaconimage beacon