古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

元駐日韓国大使を緊急逮捕 特殊活動費提供の疑い

朝日新聞デジタル のロゴ 朝日新聞デジタル 6日前
元駐日大使の李丙琪(イビョンギ)・元国家情報院長 © 朝日新聞 元駐日大使の李丙琪(イビョンギ)・元国家情報院長

 韓国のソウル中央地方検察庁は14日未明、朴槿恵(パククネ)元政権で駐日大使を務めた李丙琪(イビョンギ)・元国家情報院長を、国情院が大統領府に秘密資金を提供した疑いで緊急逮捕した。

 検察当局は、情報機関の国情院が、使い道を明らかにする必要がない「特殊活動費」を大統領府幹部らに毎月5千万ウォン(約500万円)から1億ウォンを定期的に送金していたと判断。総額は約40億ウォンに上るとみている。

 李丙琪・元院長は13日朝、検察の事情聴取を前にして記者団に対して「国情院の資金が青瓦台(大統領府)に送られた問題で、国民の皆さんに失望と心配をかけた」と語っていた。(ソウル=牧野愛博)

朝日新聞デジタルの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon