古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

北朝鮮、米兵遺骨返還めぐる米朝協議に現れず

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2018/07/12 21:43

【AFP=時事】北朝鮮と米国は12日、朝鮮戦争(Korean War)で犠牲になった米軍兵士の遺骨返還について協議する予定だったにもかかわらず、北朝鮮側の関係者らは姿を見せなかった。韓国の聯合ニュース(Yonhap News)が伝えた。

 1950~53年の朝鮮戦争で亡くなった米軍兵士の遺骨返還は、先月の米朝首脳会談で署名された合意事項の一つ。

北朝鮮、米兵遺骨返還めぐる米朝協議に現れず: 北朝鮮と韓国の軍事境界線上の板門店で、朝鮮戦争で亡くなった米兵のものとされる遺骨を納めたひつぎを国連儀仗(ぎじょう)兵に引き渡す北朝鮮の兵士ら(1997年9月12日撮影、資料写真)。 © AFP PHOTO / KIM JAE-HWAN 北朝鮮と韓国の軍事境界線上の板門店で、朝鮮戦争で亡くなった米兵のものとされる遺骨を納めたひつぎを国連儀仗(ぎじょう)兵に引き渡す北朝鮮の兵士ら(1997年9月12日撮影、資料写真)。

 非核化の具体性を求めて先週北朝鮮を訪問したマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)米国務長官は、12日かその前後に、米国防総省の代表団と北朝鮮関係者らが南北軍事境界線上で協議すると明かしていた。

 聯合ニュースが韓国外交筋の話として伝えたところによれば、米国側は12日、軍事境界線上の板門店(Panmunjom)で待機していたが、北側の関係者は姿を見せなかったという。

 匿名で取材に応じた韓国政府の関係者は、「米国は早ければ12日の協議を希望していたが、北朝鮮は準備ができていなかったようだ」と述べた。

 聯合は、先ごろ米兵の遺骨を納めた多数の木棺が、軍事境界線の南側まで運ばれたとしている。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon