古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

年末年始の交通事故死1600人超、南ア

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2019/01/17 16:03 AFPBB News
南アフリカのミッドランドで発生した交通渋滞(2017年6月15日撮影、資料写真)。 © MUJAHID SAFODIEN / AFP 南アフリカのミッドランドで発生した交通渋滞(2017年6月15日撮影、資料写真)。

【AFP=時事】南アフリカ運輸省は16日、昨年末から新年にかけての5週間余りで1600人以上が交通事故死したと発表し、無謀な運転を厳罰化で取り締まる方針を明らかにした。

 ブレード・ヌジマンデ(Blade Nzimande)運輸相は首都プレトリアで、昨年12月1日~今年1月8日の休暇シーズンに1286件の交通事故が発生し、1612人が死亡したと記者団に説明。「わが国の道路は大虐殺の場と化している」と述べた。

 死亡事故件数は前年比7%増で、主な原因は速度超過や飲酒運転だ。「事故の8割以上は、飲酒運転や携帯メールを使用しながらの運転といった人的要因によるものだ」とヌジマンデ氏は指摘した。

 南アフリカでは年末年始の長期休暇中に大都市から沿岸地域や地方部へ多くの人々が移動する。運輸省は今回、検問の数を通常の倍の775か所に増やして対応し、8507人が検挙された。また、交通警官17人が汚職で逮捕された。

 ヌジマンデ氏は、「ポケットに1000ランド(約8000円)あれば法律に違反しても大丈夫だ」という冗談が国民の間にある点に言及。政府はドライバーに対する処罰の厳格化に加え、賄賂を受け取る汚職警官や運転免許を不正に発行する係官などの取り締まりも強化する方針だ。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon