古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

旧日本軍との戦闘で戦死した米兵の遺骨収容、米国が中国側に協力要請へ

AFPBB News のロゴ AFPBB News 2019/11/09 20:59 AFPBB News
米首都ワシントンで記者会見に臨む、マーク・エスパー国防長官(2019年10月31日撮影)。 © AFP/Olivier Douliery 米首都ワシントンで記者会見に臨む、マーク・エスパー国防長官(2019年10月31日撮影)。

【AFP=時事】米国防総省高官が8日、第2次世界大戦(World War II)中に中国で戦死した米兵の遺骨の収容など、中国との軍事面での協力の強化を目指す意向を明らかにした。

 米国防総省アジア・太平洋安全保障担当のランドール・シュライバー(Randall Schriver)次官補は、来週アジア地域を歴訪するマーク・エスパー(Mark Esper)国防長官が、タイの首都バンコクで開かれる会議に合わせて中国の魏鳳和(ウェイ・フォンホー、Wei Fenghe)国務委員兼国防相と会談することを明らかにした。

 シュライバー氏は「中国とより協力的な関係を築くことをわれわれは望んでいる」と発言。さらに、エスパー長官が「中国の人々から断続的な協力を受けている、主に第2次世界大戦での戦闘における行方不明者をめぐり、協力の強化を要請する」とし、より強固なレベルで再開したい意向を明らかにした。

 米国は1942~1944年、米軍が中国・ビルマ・インド(CBI)戦域と呼んだ中国南部で、蒋介石(Chiang Kai-shek)率いる中国国民党軍と共に、日本に対して戦闘を繰り広げた。

【翻訳編集】AFPBB News

AFPBB Newsの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon