古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

最新鋭ステルスF35A、嘉手納配備…北けん制

読売新聞 のロゴ 読売新聞 2017/10/24 読売新聞

 【ワシントン=黒見周平】米太平洋空軍は23日、沖縄県の嘉手納基地に、最新鋭のステルス戦闘機F35Aを12機配備すると発表した。

 F35Aは敵のレーダーに探知されにくく、敵地に侵入して爆撃を実行できる。核・ミサイル開発を進める北朝鮮をけん制する狙いがあるとみられる。

 同軍によると、F35Aのアジア太平洋地域への実戦配備は初めてとなる。同軍は声明で、「F35Aは空の優位性を補完しつつ、新たな脅威に対抗するため、前例のない精密攻撃能力を提供する」と説明した。11月初旬から半年間にわたる今回の配備に合わせ、整備員ら約300人が駐留する。

読売新聞の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon