古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

比大統領、オバマ氏侮蔑を否定 今度は国連総長を「ばか者」と呼ぶ

AFPBB News のロゴAFPBB News 2016/09/09

【AFP=時事】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は9日、今週話題となった自身の発言について、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領を侮蔑する意思はなかったと強調した一方で、国連(UN)の潘基文(バン・キムン、Ban Ki-moon)事務総長を「ばか者」と呼び批判した。

 ドゥテルテ大統領は、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議を翌日に控えた5日、タガログ語で「売春婦の息子」を意味する「プータン・イナ」という言葉でオバマ大統領を呼び、物議を醸していた。米国側はこれを受けて予定していた米比首脳会談を中止。その後、ドゥテルテ大統領が自身の発言に後悔の念を示したことから、両首脳はASEAN開催中のラオスで短時間面会していた。

 しかし、過激発言で知られるドゥテルテ大統領は9日、インドネシアの首都ジャカルタ(Jakarta)でフィリピン人の聴衆を前に、「プータン・イナ」は文字通りに解釈すべき言葉ではなく「誰もが使っている日常的な表現だ」と主張。「『この野郎』や『お前』という意味で、『売春婦の息子』という意味ではない」と語った。

 また自身の発言はオバマ大統領に向けたものではなく、過去2か月で3000人近くの死者を出しているドゥテルテ大統領の犯罪対策が人権を侵害している可能性があるとの懸念を示す米国務省に向けたものだったと強調した。

インドネシアの首都ジャカルタ市内の市場を訪問するフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2016年9月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News © AFPBB News 提供 インドネシアの首都ジャカルタ市内の市場を訪問するフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領(2016年9月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

 また、同じくドゥテルテ大統領の犯罪対策に反対している国連の潘事務総長を「もう一人のばか者」と呼ぶと、「犯罪者掃討作戦はこれからも続ける。私には彼らに対する哀れみは一切ない。私の知ったことではない。私はフィリピンの大統領であり、国際社会共和国の大統領ではない」と付け加えた。

【翻訳編集】AFPBB News

image beaconimage beaconimage beacon