古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

米国:「フリン氏の息子が捜査対象」 NBCテレビ報道

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2017/09/14

「ロシアゲート」を巡り

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、米NBCテレビはフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)の息子マイケル・G・フリン氏がモラー特別検察官の捜査対象だと報じた。マイケル氏はロシアやトルコ政府からの金銭受領の違法性が指摘される父フリン氏を補佐していた。

 フリン氏は元軍高官に義務付けられた議会の同意手続きを経ず、コンサルタント料名目で外国政府から金銭を受け取り、昨年12月の補佐官就任前に駐米ロシア大使と対露制裁を協議するなど共謀の疑いが指摘される。NBCは4人の現・元政府関係者の話として、父の日常業務を補佐し海外訪問にも同行したマイケル氏も捜査対象だと指摘した。

 モラー氏の捜査チームは、多岐に広がるロシア疑惑で「中心人物」とされるフリン氏を突破口に解明を進める方針で、他の陣営幹部の関与について証言を引き出したい考えだ。

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon