古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

記者殺害後、サウジ皇太子に助言 トランプ氏娘婿

共同通信 のロゴ 共同通信 2018/12/10 06:40 共同通信社
クシュナー米大統領上級顧問(AP=共同) © KYODONEWS クシュナー米大統領上級顧問(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国在住だったサウジアラビア人記者カショギ氏の殺害事件を巡り、9日付の米紙ニューヨーク・タイムズは、トランプ大統領の娘婿クシュナー大統領上級顧問が、事件後に、関与が疑われるサウジのムハンマド皇太子に個人的なメッセージを通じて「難局をどう乗り切るか」を助言していたと報じた。

 米、サウジ双方の関係者の話としている。クシュナー氏とムハンマド皇太子の親しい関係は知られているが、疑惑が強まる最中での米政権幹部の不用意な行動として批判を呼びそうだ。

 クシュナー氏は通信アプリ「ワッツアップ」や電話を通じて皇太子とやりとりしていたという。

共同通信の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon