古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「中国の一部だった」事実ない-韓国政府がトランプ米大統領の誤解正す

Bloomberg のロゴBloomberg 4日前 Kanga Kong

(Bloomberg) -- 中国の習近平国家主席は中・韓両国の歴史についてトランプ米大統領に何と話したのか-。韓国政府はこれを知りたがっている。

  トランプ大統領は先週の米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)とのインタビューで、朝鮮半島が「かつては中国の一部だった」と習主席から聞いたと語った。韓国国民は大憤慨し、外務省が習主席の発言内容を確認する事態になった。

  韓国外務省の報道官は20日ソウルで記者会見し「数千年の歴史の中で韓国が中国の一部だったことは一度もないというのは国際社会で認識されている明白な事実だ」と言明した。

  トランプ大統領は核実験やミサイル試射をやめさせるように中国が北朝鮮を抑えることを望んでいるが、歴史的関係についての習主席の説明を聞いて、北朝鮮の政策に影響を及ぼすことは中国にとっても「それほど簡単ではない」ことが分かったとWSJ紙に語っていた。

原題:South Korea Tells Trump It’s Actually Never Been a Part of China(抜粋)

--取材協力: Sam Kim

: アムステルダム 木下晶代 akinoshita2@bloomberg.net.

翻訳記事に関するエディターへの問い合わせ先 Katsuyori Suzuki ksuzuki115@bloomberg.net.

記事に関する記者への問い合わせ先: ソウル Kanga Kong kkong50@bloomberg.net.

記事についてのエディターへの問い合わせ先: Daniel Ten Kate dtenkate@bloomberg.net, Russell Ward

©2017 Bloomberg L.P.

image beaconimage beaconimage beacon