古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

IS戦闘員の遺体700体、冷凍コンテナで一時保存のまま1年 リビア

AFPBB News のロゴAFPBB News 2017/11/20

【AFP=時事】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」戦闘員の遺体数百体が、リビアの都市ミスラタ(Misrata)に置かれた冷凍コンテナに1年間入れられたままとなっている。今後の扱いについてまだ決まっていないためだ。

 この仮の安置施設に置かれているのは、2016年12月にリビアのISの拠点だった海岸都市シルト(Sirte)を政府側が奪還した際に殺害されたIS戦闘員の遺体約700体。そして、冷凍コンテナの列の脇に張られたテントの下の古い担架2台が、法医学専門家の「研究施設」となっている。

IS戦闘員の遺体を収容した冷凍コンテナ。リビアのミラスタで(2017年10月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News © AFPBB News 提供 IS戦闘員の遺体を収容した冷凍コンテナ。リビアのミラスタで(2017年10月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

 責任者を務めるAli Tuwaileb氏は「ここでDNAサンプルを採取し、遺体の写真を撮影している」と説明する。

 シルトのがれきの下や、戦闘員が堀った簡易墓地の下には、さらに多くの遺体が埋まっているが、それらは資金および要員不足によって放置されたままとなっている。米主導の有志連合が空爆でリビアの治安部隊を支援してシルトを奪還したが、この戦闘の結果、IS戦闘員の遺体が市街地に放置され、感染症リスクの懸念が高まった。

 Tuwaileb氏は、推定1500から2000体の遺体がまだ埋もれているとしながら「十分な冷凍施設がない。あれば遺体をすべて収容するのだが…」と語る。

 同氏はまた、計7台の冷凍コンテナが民間会社から借りたもので、これまでに3台が壊れ、そのたびに遺体の移動を余儀なくされていることを明らかにした。北アフリカの夏の暑さと頻繁に起こる停電の中での作業は特に困難を極めるとされ、これに対応するために、予備の電源を用意して定期的に燃料補給をする必要があることを説明した。

■血と泥で汚れた遺体袋

 コンテナ一つの扉を開くと、遺体のにおいがする内部の濃い空気が漏れ出し、暖かい外気と触れてさらに広がった。内部には、血痕と泥で汚れた白い遺体袋が金属の棚に置かれていた

「遺体袋には番号が振られている。遺体ごとにファイルを作成し、DNAサンプルや遺体から採られたさまざまな資料を管理している」とTuwaileb氏は話す。

 今年1月、この安置施設にはさらに60体が追加された。シルト南方の地域を狙った空爆で殺害されたIS戦闘員のものだ。この時の攻撃について米国は、ステルス戦略爆撃機を用いて爆弾約100発を投下したとしている。

 遺体に関する全てのファイルは首都トリポリ(Tripoli)の検事総長庁舎に送られ、遺体埋葬の可否やその場所が決められる。Tuwaileb氏によると、戦闘員の大半はチュニジア、エジプト、スーダンの出身で、中にはリビア人も含まれていた。これまでに遺体を引き取りに来た遺族はいないという。

「遺体を引き取るために(戦闘員の)出身国から検事総長にコンタクトがあるのかは知りません。われわれに分かるのは、遺体確認のためにここに来た人は一人もいないということです」

【翻訳編集】AFPBB News

image beaconimage beaconimage beacon