古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

元ロシア代表の“レジェンド”が激白。「ロシアサッカーはカオスだ!」

Number Web のロゴ Number Web 2018/06/26 07:00 フィリップ・オクレール
ロシアW杯において、ロシア代表チームは、南アW杯時の南ア代表チームのように、グループリーグで敗退すると思われていたが……。 © photograph by Pierre Lahalle ロシアW杯において、ロシア代表チームは、南アW杯時の南ア代表チームのように、グループリーグで敗退すると思われていたが……。

 昨年、FIFAコンフェデレーションズカップを取材した際に、ロシア代表の目を覆わんばかりの酷さにかなり驚いた。南アフリカに続き、開催国のグループリーグ敗退も大いにあり得る。そう思ったのは私(田村)ばかりではないだろう。

 だがロシアは、大会が始まるやサウジアラビアとエジプトを相手に2連勝を成し遂げ、どこよりも早くグループリーグ突破を達成した。驚きは、昨年のコンフェデレーションズカップの時からは想像もできないレベルのサッカーを、ロシアが実践していることだった。1年の間に何が起こったかはわからない。ただそれは、ロシアサッカーにとって肯定的な何かであるのは間違いない。

『フランス・フットボール』誌6月5日発売号では、懸念を拭い去る前のロシアサッカーを取り上げている。語るのは元ロシア(旧ソ連)代表のアンドレイ・カンチェルスキス。直近にイギリスで出版された伝記から、フィリップ・オクレール記者が要点を抜粋している。

 カンチェルスキスが指摘するロシアサッカーの構造的な諸問題を、ワールドカップの好パフォーマンスと結果がポジティブな影響を与えて変えることができるのか。カンチェルスキス自身は、大会本番前までのロシア代表の活躍をどう見ていたのか……。

 そうした状況を踏まえて、読者の皆さんもこのレポートを読んで欲しい。

監修:田村修一

ロシアのレジェンド選手が危惧する現状。

 かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍したアンドレイ・カンチェルスキスは、自国のサッカーの現状に厳しい目を向けている。彼によればワールドカップが世界サッカーの流れにおいて何かを変えることにはならないという。

 現役時代(1988~2006)はストライカーとしてイングランド(マンチェスター・ユナイテッド、エバートンほか)、イタリア(フィオレンティーナ)を含む6つの国でプレーし、引退後は監督(2007~16)としても活躍したカンチェルスキスは、49歳になる今も世界のサッカーを詳細に分析している。祖先はリトアニアで自身はウクライナ生まれの彼が、ソビエト崩壊後に選んだ国籍はロシアだった。

 マンチェスターダービーにおいて最後のハットトリック('94年11月)を記録したカンチェルスキスは、イギリスでこのほど伝記(“Russian Winters:The Story of Andrei Kanchelskis”)を出版した。その中で彼は、ワールドカップ開催国であるロシアが抱える諸問題を詳しく語っている。

 ここから先の文章では……カンチェルスキスのひとり語りの要素を読んでいただく。

(協会およびクラブの)首脳たちの腐敗。

<以降、カンチェルスキスの言葉として>

 2018年のロシアサッカーは自分自身を見失っている。

 この国からあまた輩出した偉大な選手たちは、ワールドカップ成功のために少しでも貢献したいと願っている。彼らの望みはただそれだけなのにほとんど無視され、私(カンチェルスキス)にしたところで誰からもコンタクトがなく何も求められていない。とても残念だがこれが今のロシアなんだ。

 私が“ディレッタント(趣味的な人、好事家)”と呼ぶ人々が、この国のサッカーの根幹に関わっている。彼らがクラブと代表を弱体化させたのである。これはとても大きな問題だ。

 ヴィタリー・ムトコ(元ゼニト・サンクトペテルブルク会長でプーチンとも親しい。。ロシアサッカー協会会長、ロシア連邦スポーツ大臣、同副首相、FIFA理事、ロシア・オリンピック委員長などを歴任)にしても、サッカーをプレーした経験がまったくない。

 そんな人物がロシアサッカー協会会長に簡単になることができる。

 サッカーを何も知らなくとも高い位置にまで登り詰められるのだから……そのときは本当に驚いた。

ロシアサッカーの惨状には、ただ笑うしかない。

 だが、今はもう驚きは何もない。

 ただ笑うしかない。いや本当に、笑ってやり過ごす以外ないだろう。

 テレビを見ると、彼らの満足げな顔が大写しになっている。司会者は彼らに気を使いながら追従するばかりだ。

「どうか聞いてください。クラブはかつてのパフォーマンスを失い代表は目を覆わんばかりです。このままではワールドカップそのものが酷いことになります」と彼らに問いかけてもこう応えるだけだ。

「いやいや、そんなことはない。すべてはうまく行っているし順調に進歩している」と。

 そうでないことは、誰の目にも明らかだ。

ロシアの監督達はオーナーの言いなり。

 ロシアサッカーの衰退は、ソビエト連邦の崩壊に端を発している。EURO88で決勝に進んだように、ソビエト時代には優れた育成システムにより優れた選手を輩出した。

 だが、その後に出現したのはカオスだった。

 私のような選手たちの進歩を可能にした素晴らしい育成制度は壊滅し、権力を握った“ディレッタント”に追従する状況が出現した。本来はプロフェッショナルだったはずの監督や指導者の多くも、生き残るために彼らに屈した。

 トルペド・モスクワの監督時代(2010年)は私自身がそうだった。クラブ会長は私をオフィスに呼んでこう言った。

「この選手は起用するな」と。

 そして試合当日には、ベンチに寄って来て「負けたら君もコーチもクビだ」と宣言した。

「ファック・オフ!」と応えたよ。

 その後何が起こったかは言わなくともわかるだろう。

 彼のような会長はロシアにたくさんいる。彼らは自分の言うことを黙って聞く穏やかで従順な監督を求めている。

 救いのない負のスパイラルで、結果としてサッカーのレベルが大きく低下した。マンチェスター・ユナイテッドのオーナーであるグレイザー家はモウリーニョに「ああしろこうしろ」とは言わないだろう。だがロシアは違う。会長が監督を意のままに扱っているんだ。

ロシア・プレミアリーグの現状は?

 世界的に見ても、そこそこの水準を備えたクラブはロシアにも幾つかある。だがほとんどは最低レベルのチームで、そこにロシアの問題の根源がある。

 ロシア・プレミアリーグでプレーする選手は、給料は両極端に分かれる……それでも最低限は保障されている分まだましなのだが、本当の問題は下部リーグの選手たちだ。

 2部リーグはかつてはそれなりのレベルを維持していたが、今は目も当てられないほどに劣化している。経済的に極端に困窮しているからだ。だから、たとえ1部に昇格することができても、そこで生き残ることができない。

有望な若いロシア人選手が国内で腐っていく……。

 この不均衡は、これから飛躍を遂げようとする能力のある若い選手には大きな障害となる。

 ゼニト(サンクトペテルブルク)で、良いプレー環境の中でレベルの高い相手と対戦した後、次はトムスクに行かねばならないからだ。トムスクでの対戦は、シベリアの大地の真っただ中、劣悪な環境での人工芝の試合となる……。

 あるいはハバロフスクまで行かねばならないかも知れない。

 モスクワから飛行機で8時間。荒廃したスタジアムにはほとんど観客はいない。そこで思うのはたったひとつのことだけだ……できる限り早くこの最悪な状況から抜け出したいと。

 こんな環境の中で、才能ある若い選手がどうやって進歩できるのか?

 本当にレベルの高いゲームが経験できるのは、リーグの中でも3つか4つのチームとの対戦くらいで、他の試合はただただ試合終了のホイッスルを待つだけの酷いプレーとなる。

 他のサッカー大国では、有能な選手がこのような劣悪な環境で消えていくことは考えられないだろう。だが、栄光あるロシアサッカー界の既存の構造が消滅し、無能な人々が決定権を握るようになってからは……若い才能がはばたく機会は完全に失われた。

国内リーグの堕落が代表チームを弱体化させている。

 だが、世界的なビッグスターたちにとっては、ロシアリーグはとても居心地がいいだろう。

 他の国で毎週末のように自らの存在理由をかけて必死に戦わねばならない試合は、ここロシアでは2カ月に一度程度しかないからだ。

 ところがそうした試合に臨むのを彼らは嫌う。過分な収入は得ている。スタメンも保障されている。いったいどんなリスクを冒す必要があるのか……。

 こうした状況は、イングランドのプレミアリーグやドイツのブンデスリーガでは考えられない。

 そしてその被害の影響を最も受けているのが、ロシア代表なのである。

 なぜなら、ほとんどのロシア代表選手がロシアリーグに所属しているのだから。

たった一度のW杯では何も変わらない。

 ロシアサッカーが抱える諸問題は、たった1回のワールドカップでは解決されない。

 またロシアにおいては“フーリガニズム(観客の暴徒化)”は問題ではない。

 海外へは極端に伝えられているかもしれないが、ワールドカップでは問題にならないだろう。セキュリティについては、ロシアはいつでも万全を期すからだ。

 さらにドーピングに関しても、サッカー界への影響が考えられるにしても語るつもりはない。中国やアメリカが、ロシアほど酷くはないと誰が言い切れるだろうか。

 それよりも私にとっての問題はスポーツに関してのことで、ときに矛盾しているように見える構造的な諸問題だ。

国内リーグでプレーする方が楽だし儲かる。

 特権を受けている一部のクラブは短期的な利益が保証されている。だからじっくりと若手を育てようとしない。

 有り余る金銭を活用して、名のあるビッグスターを国外から買い集めるほうが手っ取り早いからだ。代理人に電話をすれば、すぐにでも有能な選手を獲得できる。

 他方で能力のある若手は、いとも簡単にスターに祭りあげられる。

 アレクサンドル・ゴロビン(CSKA)やアラン・ザゴエフ(CSKA)は、イングランドやイタリアに行っていたらそれなりの選手になっていただろう。アレクサンドル・ココリン(ゼニト)も同じだ。

 しかし彼ら自身にしてみれば、ロシアでプレーし続けるほうがずっと幸福なのである。

 私にも、それはよく理解できる。

 数百万ユーロのサラリーを保障され、葉巻を吸いながらの贅沢な生活が保障されるのだから。

若い選手たちは金しか考えていないように見える。

 そんな贅沢な人生に慣れてしまったら、海外のクラブに挑戦しようという気が一切起きないのは当然だ。

 そして、30歳を過ぎてから現役をどう締めくくるかを考え始めてももう遅いのである。ロシアの地で潔くサッカー選手としての幕を下ろすしかない。

 そうした状況でロシアの選手たち――とりわけ若い選手たちは、サッカー以上に金に興味があるように思える。

 ユース世代のアカデミーに入った時点から、彼らはそういう風に振る舞っているように思える。

 そういう風景を目撃すると――旧ソビエトの優れたシステムや理念、確固としたサッカーの伝統を、ロシアは何も引き継いでいないと思わざるを得ないだろう。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon