古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

デビュー7連勝も悔し涙の負けず嫌い。新鋭・ぱんちゃん璃奈の可能性は?

Number Web のロゴ Number Web 2020/02/14 20:00 橋本宗洋
祥子戦直後のぱんちゃん璃奈。ローキックを効果的に使い、離れても、接近戦でも強さを見せた。 © Number Web 提供 祥子戦直後のぱんちゃん璃奈。ローキックを効果的に使い、離れても、接近戦でも強さを見せた。

 新日本プロレス、女子プロレス団体スターダムと同じくブシロード傘下のキックボクシング大会「KNOCK OUT」は、昨年から方向性を変えた。

 小野寺力プロデューサーの時代は、那須川天心や梅野源治といった大物を招いてのビッグマッチ路線。しかし他団体から選手を借りてのイベント運営には限界があった。新プロデューサーに就任した山口元気氏は、自身が代表を務めるイベント「REBELS」と連動して“育成路線”を採った。トライアウト企画などから“自前のスター”を作ろうというわけだ。

 もちろんそれは簡単なことではなく、2月11日の大田区総合体育館大会の後も「まだ過程なので」と山口氏は語っている。そんな中で“KNOCK OUTの顔”になりつつあるのが、7戦全勝の女子選手ぱんちゃん璃奈だ。

 所属ジム・STRUGGLEに入門したのは3年前のことだ。幼少期から水泳に打ち込み、中学3年からはマラソン大会の成績を買われて陸上部へ。しかし走り込み過多による疲労骨折という挫折を経験した。部も学校も行かなくなった。

 無為な日々を変えようと地元の大阪から上京、そこで出会ったのがキックボクシングだった。短期間でアマチュアマッチを12戦(11勝)行ない、1年前にプロデビューした後もハイペースで試合を重ねた。

グラビアにも登場した“キューティー・ストライカー”。

 リングネームは『ドラゴンボール』のキャラクター、孫悟空の孫「パン」に似ているとよく言われることから。主催者は“キューティー・ストライカー”というキャッチフレーズをつけた。

 昨年、今年と雑誌で水着グラビアを披露してもいる。いわゆる“アイドル人気”も高いのだが、本人は根っからのアスリート気質だ。

「(メディアに)取り上げていただくのは凄く嬉しいんですけど“強い”と言われることに抵抗があって。“まだ全然なのに”って思ってました。

 応援してくれる人が増えているからこそ、その人たちに強い姿を見せなきゃいけない。格闘技を知らない人にも自分の試合を見てもらって、キックボクシングを好きになってもらいたいって思えるようになったのは最近です。でも水着はもう無理かもしれない。グラビアで見せる筋量じゃなくなってきてるので(笑)」

プロの戦いの難しさを、どう越えるか?

 2.11大田区大会、プロ7戦目は祥子JSKと対戦した。ぱんちゃんの希望によるリマッチだ。

 昨年8月の初戦もぱんちゃんが判定で勝っているのだが、ジャッジ1人はドローの採点。思うように闘えず、プロの難しさを味わった。

 そんな相手を圧倒し、成長を見せて次のステップに進むことが今回のテーマだった。

キックボクシングは生きている証。

 結果は3-0の判定勝利。

「この半年で一番よくなった技」だというローキックでダメージを与え、前回よりも明確な差をつけた。ただそこからダウン、KOにつなげることができない。倒そうとするあまり、心も体も前のめりになりすぎていた。

「相手の足しか見えなくなっちゃって」とぱんちゃん。

「何度、同じことを繰り返すんですかね。練習でできている動きが試合で出せない。メンタルが弱いのかなぁ。なんなんだろう」

 苦笑しながら涙があふれる。

 師匠である鈴木秀明会長の言葉を借りれば「素人から始めて、まだプロデビュー1年」の選手が7連勝しただけでも立派なことなのだが、本人はとにかく内容が気に入らなかった。

「勝つのは当たり前で、いい勝ち方をしないとトップ選手にはなれない。今でも獲れるベルトがあるかもしれないですが、でも私は圧倒して勝つ選手、相手の心を折るような選手になりたい」

 プロで勝つことが目標ではないのだと、ぱんちゃんははっきり言う。

「理想は自分でも高いと思います。キックの選手になろうと決めた時、家族からは無理だって言われたんです。でも自分だけはトップになると信じてきたので」

 なぜなら、彼女にとってキックボクシングが生きている証だからだ。

「それまでは本当に人生がつまらなくて。キックボクシングに出会って初めて、生きてる感じがしたんです。キックに救われたというか。甘い世界じゃないのは分かっているからこそ、そこでトップになれたら、やっと自分に自信が持てるかなって」

「運動だけは、どれだけやっても飽きない」

 他団体には同階級に強い選手が増えてきた。「KNOCK OUTに出る女子選手が増えてほしい」という言葉は中心選手としての自覚から出たものだろう。ただ「そのためには私が魅力的な選手にならなきゃいけない。他の選手に“ぱんちゃんと闘いたい”“ぱんちゃんに勝ちたい”と思わせないと」と続ける。

 現在の格闘技界は、子供時代に格闘技を始め、ジュニア大会から活躍してきた選手が珍しくない。20歳をすぎて格闘技に初めて触れたぱんちゃんは異例だ。だからこそ急ぎ足で試合経験を積み、練習にものめり込む。

 トレーニングは週6日、うち3日は1日2回。ムエタイの本場タイにも何度か渡っている。1日中練習に没頭できるのはよかったが、レベルアップするにつれて“女の子のお客さん”扱いでは満足できなくなった。

 STRUGGLEで鈴木会長にミットを持ってもらうほうが中身の濃い練習ができると感じて、今は「タイには試合後の休暇で行くくらい」だそうだ。

 休暇でもタイに行くのはなぜかというと「(試合用ではなくとも)練習はしたいので。1週間、練習しないと気持ち悪いんです」。とにかく練習がしたいのである。

「運動だけは、どれだけやっても飽きないんです。休みたいという気持ちにならなくて。そこが自分の一番の長所じゃないかって思ってます」

プロデューサーは高評価。次戦はタイトルマッチへ!

 山口プロデューサーは今回の試合について「ローに攻撃の的を絞れていたのは成長でしょう」と評価している。

 次戦はタイトルマッチになりそうだ。それだけのレベルに達しているわけだが、ぱんちゃん本人だけが納得できていない。

 自分に課したハードルの高さは、そのまま伸びしろでもある。焦りからくるオーバーワークさえ気を付ければ、彼女が自分の実力に納得できる日も遠からず来るだろう。その時こそ、KNOCK OUTというイベント自体も“過程”を終えることになる。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon