古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ヘッド破損から1カ月 松山英樹のドライバー事情

GDO のロゴ GDO 2018/07/12 07:30
2018年 アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン 事前 松山英樹 © GDO 提供 2018年 アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン 事前 松山英樹

◇欧州男子◇アバディーンスタンダードインベストメント スコットランドオープン 事前情報(11日)◇ガレインGC(スコットランド)◇7133yd(パー70)

松山英樹は6月の「全米オープン」開幕前日に1Wのヘッドが破損するアクシデントに見舞われた。大会初日に急きょ、それまで未投入だったピンのG400 LSテック ドライバーを握ったが、今週の欧州ツアー「スコットランドオープン」では、新しいモデルを使いそうだ。

次週のメジャー第3戦「全英オープン」(スコットランド・カーヌスティ)も睨んで、松山がスコットランドでの調整で主に使っているのはテーラーメイドのM3 460 ドライバー 。5月の3連戦で使用していたM3 440 ドライバーよりも、ひとまわり大きいヘッドだ。さらに、シャフトをグラファイトデザインのツアーAD BBに変更。3Wにも同じモデルを入れている。

「全米オープン」を終えてから、松山は「エース(1W)を探そうと思った」という。「シャフトも替えてみて、合うドライバーの良いのがないかなと思って」。各メーカー製品のベストマッチを模索し、「今のところあれに落ち着いた。試合でどうなるかわからないですけど、練習ではほぼ仕上がっている。コースに行って、ダメなら戻せばいいという感じ」という段階まで持ってきた。

“例によって”開幕前日は、「(使うかどうかは)まだ分かりませんよ」と煙に巻いた。それでも、プロアマ戦後のドライビングレンジの最後の1Wショットには、満足げな表情を見せていた。(スコットランド・ガレイン/桂川洋一)

GDOの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon