古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

全米OP前、松山英樹の口調に変化が。「気持ちだけは前向き」とは?

Number Web のロゴ Number Web 2018/06/14 14:30 舩越園子
練習ラウンドも、松山英樹の表情は悪くなかった。全米オープンへ向けて順調なステップを踏めているということなのだろう。 © photograph by Sonoko Funakoshi 練習ラウンドも、松山英樹の表情は悪くなかった。全米オープンへ向けて順調なステップを踏めているということなのだろう。

 全米オープン開幕前、シネコックヒルズですでに45ホールほど練習ラウンドを終えた松山英樹は日本メディアの輪の中で、次々に投げかけられた質問に丁寧に答えていた。

 大会前に最後に出場したメモリアル・トーナメントで、初日に首位発進しながら最終日を13位で終えたときは「いい兆しが見えたけど、お先真っ暗になった」と力なく答え、そのとき彼の頭に思い浮かんだ対策は「球打ちを今までの倍ぐらいする。球数を打たないと上手くいかないプレーヤーなのかなと思い始めた」というものだった。

 全米オープン開幕を目前に控えた今、あのとき語った内容は、今、何かしら変化を経たのかどうか。

「お先真っ暗と話していましたが、状態は?」と尋ねられた松山の返答は「わからないですね」。

「先週は打ち込みは増やしたんですか?」と問われると「ま、してもしなくても、状態は変わらないんでね」。「前向きにここに来れた?」には「気持ちだけは前向きですね」と、少し笑みを交えながら返答。

 このシネコックヒルズでどのぐらいのスコアで回れそうか。そのあたりの見通しはついているかと尋ねたときは「見えません」と答えながらも、少々おどけたトーン。

 それは一見、質問をはぐらかしているようで、松山取材に不慣れな記者は、どう受け取ったらいいかに戸惑っていた。だが、松山の返答は、おそらくは彼の今の胸の中を正直に言葉にしたものだと思えた。

可能性は、あり。

 松山語録を解読するために、試しにポジティブ人間になりきって彼の言葉を咀嚼するという方法を取ってみると、こうなる。

「お先真っ暗」と言っていたショットは、今、良くなったという確信がまだ得られてないから、だから「わからない」。だが、少なくとも悪くはなっていないということは「わからない」の一言から読み取れる。

「気持ちだけは前向き」は、少なくとも後ろ向きではないということ。メモリアル・トーナメントを終えたときの「お先真っ暗」よりは気持ちは明るいということになる。

 ネガティブな要素を口にせず、口調には明るさが垣間見える。それは、お先真っ暗だったものが向上されているか、向上しつつあるか、あるいは向上できそうだと感じているからこそだろう。

 可能性は、ありだな――そう直感させられた。

トップ選手は結果が出るまで「やれる」とは言わない。

 シネコックヒルズで全米オープンが開かれるのは今回が5回目になる。

 前々回の1995年大会ではジャンボ尾崎が2日目を終えて単独2位に立ち、前回の2004年大会では丸山茂樹が最後まで優勝争いに絡んで4位タイになった。

 振り返れば、2004年の丸山もシネコックヒルズの全米オープンを迎える直前は、うつむき加減だった。

 前週は予選落ち。アイアンの距離感が合わないことに苛立っていた。そして、全米オープンを目前に控えた中で「期待しないでほしい」と小声で言った。その様子は、今大会前に松山が「お先真っ暗」と言ったのと、どこか似ていたことが思い出される。

 しかし、いざシネコックヒルズで練習ラウンドを終えると、丸山の表情にかすかな希望の光がさしていることが見て取れた。

「ラフがさほど長くない。いつものUSオープンより、楽かも……」

 例年なら6インチほどまで伸ばされるラフが、その年は4インチとやや短めだった。ラフの外側に生い茂る深いフェスキュー群にさえ打ち込まなければ、イケるのではないか。母なる大地が味方してくれるのではないか。そう感じていたのかもしれない。

 たとえ1つでも、小さなことでも、何かしら希望が見い出せると、底力がある選手であれば、そこから希望は膨らんでいく。

 もちろん、そう感じていたとしても、大風呂敷を広げない丸山は、スコアや順位によって証明されるまでは「イケそうだ」とは決して言わなかった。

 結果を重視する松山も、やはり数字で実証できるまでは「やれそう」「やれる」とは、絶対に言わない。だからこそ、今の彼の返答は、どうしても歯切れが悪くなる。

ピンに絡むアイアンショットを打っても。

 メモリアル・トーナメントでプレーしていたときの松山は、傍から見ている分には決して悪くないと思えるショットを打ったときも、ピンに絡むアイアンショットを何度も披露したときでさえも、「まだ自信が持てていない」と言い続けていた。

 なぜ、ピンに付いたのか? たまたまだったのではないのか? 次もピンにぴったり付くショットが必ず打てるのか?

 その自信、その確信が、まだ持てていないのだ、と彼は言っていた。

「まあ、風次第じゃないですか?」

 全米オープン開幕を控えた今、その確信が松山の中にあるかと言えば、それは今なおないだろう。試合の中で試し、挑み、そして好結果を生み出すまでは、彼の中に自信も確信も生まれようがない。

 だが、好結果につなげるための詳細なコースチェック、綿密なゲームプランは最大限の力を尽くして実行する。それが、松山流の備え方だった。

 今年のシネコックヒルズは前回大会より500ヤードほどコースが伸ばされ、全長7445ヤードのパー70。それは決して短くはないが、近代のクラブやボールを駆使して飛ばす昨今の若いトッププレーヤーたち、そして松山にとっても攻略不能な長さではない。

「まあ、風次第じゃないですか?」

 つまり、風次第では攻略できる。そう読み取れる。

一見コースの難易度は下げられているが……?

 過去大会ではフェアウェイ幅は平均26.6ヤードに絞られていたが、今年は41.6ヤードまで広げられている。

 フェスキュー群のラフは、タイガー・ウッズいわく、「1995年、2004年は4~6インチぐらいあったけど、今年は全然違う(短い)」。

 グリーンは前回より30%も面積が拡大されているが、大きくなったグリーンは、そのぶん、ピンを切るバリエーションを豊富ならしめたことを指している。

 現地を訪れている青木功いわく、「グリーンは大きくなったけど、そのぶんグリーン周りは(ボールを周囲へ)落としてくるだろ?」

 距離は攻略可能な範囲。ラフは短くなり、フェアウェイは広くなり、グリーンは大きくなり、一見、楽になったかに見えるシネコックヒルズ。

 しかし、そのどこかに、過去大会とは異なるワナが仕込まれている。

 それを見出し、どう攻めるか。どう止めるか。そこに勝負のカギがある。

明るい表情、明るい口調に期待しつつ。

「フェアウェイは広いですけど、外したら大変なことになる。フェアウエイに行ったら、その次が大事になる。(グリーンを)外したらアプローチが大事になる。すべてが上手くいかないと勝てないと思うけど、そんな完璧なゴルフはできないと思うので、本当にひとつひとつ無駄のないようにやっていきたい」

 勇み過ぎず、意気込み過ぎず、「その場その場で、ベストの選択肢ができたらいいんじゃないかな」。

 できることを着実に行なうことにベストを尽くす。それは、昔から松山が心掛けてきた「今、できることをやる」に回帰する。

 原点に立ち戻った中、かつて丸山が小さな光を見出してリーダーボードを駆け上ったように、松山も見出した光を誘導灯に変えて道を切り開く。

 そして、明るい表情、明るい口調は、その小さな光が見えてきていることを示唆しているのではないか。

 そんな期待を抱きつつ、木曜早朝のティオフを待とうと思う。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon