古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

史上初の平均ストローク60台でも賞金女王に届かず “最終日の女王”が苦しんだもの【記者の目】

ALBA のロゴ ALBA 2019/12/03 07:01 ゴルフ情報ALBA.Net

日本ツアーに本格参戦して6年目。申ジエ(韓国)は初年度からの悲願だった賞金女王をまたしても逃した。「米ツアーに挑戦するときに10カ年の目標を立てて行きましたが、4年でほとんど達成してしまった。その後生活のために惰性でやっている時期があった」とまで豪語した実力者が、である。

天才が描く芸術作品 申ジエのアプローチ【連続写真付き解説】

終盤のビッグトーナメント「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」を終えて、賞金ランキング1位のジエと2位の渋野日向子との差は約824万円。鈴木愛に至っては賞金ランキング4位で約3817万円ものリードを保っていた。残り5試合、そのうち4試合で優勝経験があることからも盤石なものと思われていた。

だが、そこから鈴木愛は3連勝と2位、渋野も3試合で優勝と13位タイ(予選落ち1回)。ジエも4試合で2位、8位など上位フィニッシュを決めたが優勝はなく、最終戦を迎えたときには鈴木には抜かれ、渋野との差もほとんどなくなっていた。

追いかけられるジエが憔悴しきっているのは明らかだった。残り5試合となって3試合で最終日最終組に入りながら1つも勝てず。さらには負けたのは、女王争いのライバルたちだ。この終盤にきて3試合で優勝争いを繰り広げるだけでもすごい、なんて表現はジエに対して失礼だろう。

「大王製紙エリエールレディス」で渋野日向子が優勝、鈴木愛が2位に入りながら自身は終盤の連続ダボでトップ10入りを逃した際には、取材に応じることすらできなくなっていた。「気持ちを整理するために時間をください」と話したが、結局報道陣の前に立つことはできず、「きょうのことは忘れて、また頑張ります」の一言を残してクラブハウスを後にした。

その時、ふと2014年のマスターズGCレディースを思い出した。アン・ソンジュ、イ・ボミ(ともに韓国)らと女王争いを繰り広げるなか、高額賞金大会の初日に「77」の大叩き。アテストからロッカーに直接向かっていき、話を聞こうとした筆者にマネージャーさんも「今日は話せるかどうか…」と心配そうな表情。それでもロッカーから笑顔で出てきて、いつも通りの受け答えをして、翌日に「66」をたたき出したときのことだ。改めて気持ちの切り替えにさすがと思ったものだが、そんなジエですら、余裕がなくなっているのかと頭をよぎった。

そして最終戦の結果はご存じの通り。大逆転はならず、日本参戦以後6年連続で獲得賞金は1億円突破。昨年は史上初となる年間メジャー3勝、今年は史上初の平均ストローク60台を達成しながらも、3ツアー目の賞金女王に輝くことはなかった。

今季は怪我との戦いだった。「宮里藍 サントリーレディス」を棄権することとなった右手首から親指にかけての痛みは長引き、「ニッポンハムレディスクラシック」棄権に始まって、「エビアン選手権」、「全英AIG女子オープン」を欠場するはめに。さらに指が落ち着いてきたかに見えた9月の「デサントレディース東海クラシック」の前には左足首を捻挫。痛めやすい足首に最後まで苦しんだ。

それ以上にきつかったのは、痛みではない部分だった。「トレーニングができなくなって筋力が落ちましたし、回復も遅くなりました」。女王への大きな障害となったことは明らかだった。

だが、それ以上に気になるのは秋以降の最終日の成績だ。ジエといえば、アメリカで最終日の強さから“ファイナルラウンドクイーン”と呼ばれたほどのプレーヤー。今年も最終日の平均ストロークは鈴木、渋野の上をいく2位。だが、9月に入ってからの11試合(うち1試合は予選落ち)で最終日に順位を上げたのは最終戦のみ。2位タイからスタートして単独2位で終えた「樋口久子 三菱電機レディス」を除けば、8試合で順位を落としている。

この10試合のうち、半分の5試合が最終日最終組。特に「伊藤園レディス」で首位タイから8位タイ、大王製紙英エールレディスの2位タイから11位タイと秋が深まるほど、悪くなる傾向は強くなっていた。

これについて、上田桃子らのコーチを務める辻村明志氏は、スタート時間によるグリーンの影響ではないかと見ている。

「終盤にきてのジエさんは、最終日にパターで苦しんでいる印象があります。特にいい位置で回っているときは入っていません。いい位置でスタートしているということは、スタートが遅い組となり、多くの人に“踏まれた”ボコボコのグリーンでプレーすることになる。そうなるとジエさんのようなジャストタッチのパッティングは影響を受けやすい。特に今年は軟らかいグリーンが多く、ボールマーク、スパイクマークが付きやすい状況でしたから影響は大きかったのではないでしょうか」

今年は雨が多く、気温が高い時季が長かったことから、軟らかいグリーンのコースが多かった。逆に多くの選手が「今年では珍しくグリーンが硬くて速い」といった「ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープン」では最終日に「66」をたたき出して27位タイから7位タイと大きくジャンプアップしていることも合点がいく。そして三菱電機レディスからは週替わりでパターを替えていることからも、グリーン上で悩んでいたことは明らかだろう。

それでも、ジエは昨年よりも成長したことを強調した。「今年は技術というよりもゲームの運び方、戦術がうまくなりました。まだ成長できるところはある。来年レベルアップして頑張りたい」。31歳にしてなお、のびしろはある。そしてそれを分かっている。そう言いたげだった。

「まだ、これでゴルフ人生が終わるわけではありませんし、賞金女王のタイトルもなくなるわけではありませんから」。今年も逃した悲願のタイトル。世界で57もの勝利を重ねている名手は、7度目の戦いに向けてどんな準備をしてくるのか。(文・秋田義和)

またしても届かなかった賞金女王 来年こそは(撮影:村上航) © Cross Planet, Inc. またしても届かなかった賞金女王 来年こそは(撮影:村上航)

東京五輪特集はコチラ

ALBAの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon