古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

松山英樹が滑り込んだ歴史の転機。プレーオフ改革で来季は賞金16億円!

Number Web のロゴ Number Web 2018/09/20 10:30 舩越園子
プレーオフ開始時点では70位以下だったランキングを急上昇させて最終戦に生き残った松山英樹。ここまで来れば一発勝負だ。 © photograph by Sonoko Funakoshi プレーオフ開始時点では70位以下だったランキングを急上昇させて最終戦に生き残った松山英樹。ここまで来れば一発勝負だ。

「歴史を生きる」とは、いかなることか。偉業達成、優勝、驚異的スコアを出すこと、何かで1位になること。そういうことをやってのけると、もちろん歴史に名を残すことになる。だが、そうではなく、何かの節目となる時や場所に存在すること、居合わせること、「あのとき僕はそこに居た」という事実を作ることだけでも、歴史を生きている証になるのではないか。

 今週20日に開幕する米ツアーのプレーオフ最終戦、ツアー選手権に出場するポイントランク上位30名の選手たちは、タイガー・ウッズもフィル・ミケルソンも、そして松山英樹も、みな「歴史を生きる」ことになる。

 なぜなら、間もなく始まる今年のツアー選手権は、現行システム下で行われる最後の大会という意味で、米ツアーの歴史の節目を迎えるからだ。

来年からプレーオフは3戦に。

 開幕2日前の18日(米国時間)、米ツアーはシーズンエンドのフェデックスカップ・プレーオフ・シリーズのシステムを来季から大幅に変更することを公式に発表した。

 2007年に創設されたプレーオフ・シリーズは当初から批判や不平不満が上がっては改革するという作業を繰り返しながら現行システムに落ち着いた。

 その現行システム下ではプレーオフは4試合が開催され、第1戦のノーザントラストにはポイントランク上位125名、第2戦のデル・テクノロジーズ選手権には100名、第3戦のBMW選手権には70名、最終戦のツアー選手権には30名が進出するというサバイバル方式。

 そして最終戦を終えたとき、最終ポイントランクで1位になった選手が年間王者に輝き、10ミリオンダラー(約11億円)のビッグボーナスを手に入れる。

 だが、来季からはプレーオフは4試合から3試合に減り、出場人数は125名→70名→30名となる。試合数が1つ減るのは、アメフト(NFL)や野球(MLB)とぶつからないよう、米ツアーのシーズンを早く終了させるための工夫であり、スポンサーや資金繰りに困窮しているといったマイナス要因は一切ない。

優勝ボーナス賞金は一気に16.5億円に。

 そして、3試合目となる最終戦のツアー選手権では、ポイントランク1位の選手には「10アンダー」、2位には「8アンダー」、3位には「7アンダー」……26位から30位までの選手には「イーブンパー」という持ち点的なスコアを付与し、そのスコアから初日をスタートすることになる。

 そして、最小スコアで4日間を終えた選手がツアー選手権の優勝者となり、イコール、その優勝者が年間王者となってボーナスを手に入れる。

 そのボーナスは現在は10ミリオンだが、来季からは一気に15ミリオン(約16.5億円)へ引き上げられる。他選手たちにも配分されるフェデックスカップ・ボーナスの総額も現在の25ミリオンから60ミリオンへ大幅に拡大される。

 さらに驚いたのは、もう1つ新たなレースが新設されること。米ツアーはメジャー4大会を含めた長いレギュラーシーズンが終わった後にプレーオフ・シリーズに移るのだが、現行システム下では、プレーオフでたまたま好調だった選手のほうがレギュラーシーズンで頑張った選手より手にする金額が大きくなるケースも見受けられ、「日頃の努力が正当に評価されない」といった批判が以前から上がっていた。

 そうした声に応える形で、来季からはレギュラーシーズン終了時点でのランク上位10人に、まずボーナスを支給する「ウインダム・リワード・トップ10レース」が新設され、1位には2ミリオン、2位には1.5ミリオン……10位でも50万ドルが支給される。それが選手たちにとって大きな魅力とモチベーションになるであろうことは言うまでもない。

現行システムの最後に居合わせる意味。

 大幅チェンジが行なわれ、来季からは新しいレース、新しいプレーオフ、新しいツアー選手権の戦い方で年間王者と15ミリオンのボーナスが競われる。その意味で、今年のツアー選手権はポイント制で競われる最後の大会となる。

「あの最後の大会に僕は居た」

 そういう歴史を生きることになる今年の30人の中に、2013年以来の出場となる42歳のタイガー・ウッズがいて、最年長48歳のフィル・ミケルソンもいることは何とも興味深い。まるで歴史の節目となるラスト大会を飾るために、彼らがそこに居合わせられるよう神様か誰かが導いたようにさえ感じられてしまう。

ウッズとミケルソンが揃って登場。

 これまで年間王者に2度(2007年と2009年)輝いたのは、ウッズただ1人である。元々、フェデックスカップもプレーオフ・シリーズも「ウッズのために作られたものだ」と揶揄されるほど、ウッズの活躍と成功は目覚ましかった。

 そんなウッズでさえも、傷病、故障、私生活面などで何かが起これば、ゴルフは揺らぎ、成績は下降し、フェデックスカップからもプレーオフからも遠ざかった。

 だがそのウッズが戦線復帰し、5年ぶりに戻ってきた今年のツアー選手権がポイント制で競われるラスト大会になったのは、もちろん偶然ではあるが、そこにウッズが居てくれて良かったと思える。

 2009年のツアー選手権終了後の表彰式では、年間王者になったウッズと大会を制したミケルソンが2人並んで立っていたが、犬猿の仲と言われていた2人はお互い口も利かずに仏頂面。そんな当時の光景を思い出すと、ついついクスッと笑ってしまう。

 来季からはツアー選手権優勝者が年間王者となるため、今後は2人の優勝者が表彰式に並ぶことはなくなるが、かつてそうやって並んだ2人がともに今年の大会に居てくれることも、良かったと思える。

松山は76位から順位をあげて滑り込み。

 そして、松山英樹がぎりぎりセーフで滑り込み、5年連続でイーストレイクGCに立つことにも何か不思議な巡り合わせを感じずにはいられない。

 松山は米ツアーメンバーとなった初年度の2014年のツアー選手権こそ、ぎりぎりの滑り込みだったが、2015年からは当たり前のように進出し、とりわけプレーオフをランク1位で迎えた昨年は年間王者や10ミリオン獲得もきわめて現実的だった。

 だが不調だった今年はプレーオフを76位で迎え、はるか彼方に見えたトップ30だけのツアー選手権出場を「圏外から目指します」と謙虚に、しかし執拗に狙いを定めた。そして、その言葉通り、ランク27位で圏外から滑り込んだ。

 5年連続、5回目の出場。途中が抜けないように一歩一歩、一段一段、すべての行程を踏みしめている松山は、その意味でも、米ツアーの歴史をしっかり着実に生きていると言っていい。

全員がゼロからスタートする最後の年に。

 ポイント制で競われる最後のツアー選手権に圏外からの出場を決め、自分がその場に存在していたことは、後々、米ツアーのシステムがさらに様変わりしていった5年、10年、20年後に振り返ったとき、「僕はあのとき、そこに居た」ときっと思えるはずだ。

 そういう事実と経験を積み重ねながら、選手たちは成長し、歴史を生きていく。

 願わくば、「あのとき、そこに居た」という事実を作った松山が、「そして年間王者になった」と言える事実も作り出してほしいのだが、その可能性は他選手たちの成績が一様に振るわないことが求められるため、現実的にはきわめて小さい。

 だが、「そして勝った」という事実を作り出す可能性は、出場する30名全員に等しくある。そう、今年までは全員が等しく「ゼロ」から4日間をスタートするのだから、優勝の可能性はスタート時点では誰にも等しい。

 だからこそ、今季の最後の最後に、松山の雄姿を是非とも見たい。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon