古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

T・ウッズ、史上最大の惜敗 完全優勝を阻止したY・E・ヤンが当時を振り返る

ALBA のロゴ ALBA 2019/05/15 11:54 ゴルフ情報ALBA.Net

2009年の「全米プロ」。多くの人が想像したであろう、タイガー・ウッズ(米国)のメジャー15勝目が実現することはなかった。

開幕前の会見では東京五輪に意欲!

初日から3日間単独首位に立ち続けたウッズ。それまでのメジャー14勝はトップで最終日を迎え、リードを守り切りっての優勝。この年、初めてそれが崩された。最終ラウンドはパターに苦しみ、4番では3パットのボギーを叩いて首位と2打差から出たY・E・ヤン(韓国)に並ばれた。トータル6アンダーで並んで折り返すと、我慢のゴルフを続けていたヤンが14番パー4で2打目を放り込みイーグル。ウッズを逆転した。

ウッズもバーディを奪って食らいついていったが、17番でともにボギー。最終18番でバーディを奪ったヤンが逃げ切り優勝を決め、ウッズの前で渾身(こんしん)のガッツポーズ。キャディバッグを持ち上げて雄叫びをあげて勝利に酔いしれた。初めてメジャータイトルがアジア人の手に渡る快挙とともに、ウッズの敗北が多くの人々の記憶に残った瞬間だった。

当時を振り返ったヤンは、「勝ったときは信じられないくらいうれしかった」と語る。今年の「マスターズ」でのウッズの優勝は、テレビで観戦していたという。「やっぱり、タイガー・ウッズの優勝はうれしかった。もう自分が勝ったのは10年前だけど、その頃強かったタイガー・ウッズを思い出した。見ていて楽しかったですね」と10年前に火花を散らしたウッズの姿がよみがえる。「最近のタイガー・ウッズは何年も調子が悪かったが、今はよくなって多くのゴルファーもそれを待っていたと思う」と、いちゴルファーとしてもウッズの復活を喜んだ。

メジャー16勝目をかけて臨むのは、例年の8月から日程が変更となって5月開催となった「全米プロゴルフ選手権」。1999、2000、06、07年と大会4勝を挙げている。昨年大会は2打差で優勝を逃したが、最終日に「64」のチャージでファンを熱狂させた。「マスターズで復活勝利を遂げたウッズが、今季メジャー2勝目に向かう。

大会4勝の全米プロで味わった史上最大の惜敗(撮影:GettyImages) © Cross Planet, Inc. 大会4勝の全米プロで味わった史上最大の惜敗(撮影:GettyImages)

ALBAの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon