古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?名古屋・菅原由勢は何者なのか。

Number Web のロゴ Number Web 2018/03/14 17:30 安藤隆人
J1でスタメンフル出場を続ける菅原由勢。緊張だけでなく「楽しめました」というコメントも。 © photograph by Takahito Ando J1でスタメンフル出場を続ける菅原由勢。緊張だけでなく「楽しめました」というコメントも。

「とても17歳には見えない」

 名古屋グランパスで開幕戦スタメンフル出場を果たし、それ以降もリーグ戦3試合連続でスタメンフル出場を続けるCB菅原由勢(ゆきなり)。4月から高3に進級する17歳を見て、報道陣の大勢が異口同音にこうつぶやいた。

 無理もないだろう。最初に彼に取材をしたときは筆者も「本当に15歳なのか?」と思ったくらいだ。

 そう思わせる要素は彼のクレバーなプレーはもちろんのこと、その言動にあった。

 試合後などに話を聞くと、その選手のコミュニケーション能力やフットボールインテリジェンス、そして自己洞察能力の有無など、どんな能力が優れているかを把握することができる。特に若い選手であればあるほど、その特徴は顕著に表れるものだ。菅原と話をした時、すぐにあらゆる面での能力が高いレベルで備わっていることが感じられた。

「この選手に聞いておけば今日の試合のピッチ上で何が起こっていたのか全体を理解することができる」という選手はプロでもそう多くないが、彼は15歳にして、そんな話ができる希有な選手だった。

応援する人たちや取材陣にまで気配りする選手!?

 過去の菅原への取材の中で「本当にこの年齢の選手なのか?」と驚かされた会話を、いまでも2つ覚えている。

 2016年6月に鳥取で開催されたインターナショナルドリームカップの初戦・ハンガリー戦後のことだった。

 その年9月のAFC U-16選手権(U-17W杯アジア最終予選)が迫っている時期ということもあって、話題は開催地インドの劣悪な環境の話になった。5月に行ったインドでのシミュレーション合宿について、菅原はこう説明してくれたのだ。

「(インドは)本当に蒸し暑かったです。寝るときは涼しかったのですが、練習する朝10時頃になると、5分に1回は水を摂らないと倒れちゃうような状況でした。でも、代表はどんな環境でも自分のプレーを出さなきゃいけないですし、サッカーをやる僕らからするとインドの気候でも仕方が無いと思うのですが、記者さんたちだったり、応援しに来てくれる人たちはかなり厳しいんじゃないかな、と思います」

 インドの環境の過酷さを語っただけでなく、インドへ取材に来る家族やサポーター、メディアにも配慮するコメントを出してきたのだ。

 筆者が驚いて、「そこまで周りに気を使ってるの?」と聞くと、「『仕事』だと言っても、きっと凄く大変だと思いますから」と笑顔で答えた。

「その応援が自分の足を動かしたんだと」

 さらにAFC U-16選手権の準々決勝・UAE戦で1-0の勝利を収め、U-17W杯出場権を獲得した直後のミックスゾーンでのこと。

「サポーターも、記者さんも、家族のみなさんも本当にこんな遠いところまで来て下さってありがとうございました。(世界を)決めることができて嬉しいです。これも記者さんだったり、サポーターさんだったり、応援してくれる人のおかげ。その応援が自分の足を動かしたんだと思います」

 こんな思いやりに溢れたセリフを屈託のない笑顔で語るものだから……その発言を現場で聞いた人間は、心を揺さぶられないわけにはいかない。

 確固たる自分を持ち、さらに他者へのきめ細やかな配慮を忘れない思慮深さまで持つ――これだけをもってしても、やはり年相応とは思えない。

 そして、彼の魅力はこれだけではない。大人びたプレー、発言、そして淡々とした表情を見せる一方で、内側にはとてつもなく熱い闘志を滾らせているのだ。

同世代の他の選手に置いて行かれる恐怖。

 昨年、名古屋グランパスU-18はプレミアリーグではなく、その1つ下のリーグであるプリンスリーグ東海を戦っていた。このチームは、前年の2016年にプレミアリーグウェストから降格の憂き目にあっていたのだ。

「同年代の他の選手たちがプレミアリーグやJ3でプレーしている中で、自分は凄く置いて行かれている感覚がありました。僕だけ成長が止まっているんじゃないか、もっと高いレベルの試合勘を維持しないとまずいんじゃないのか……と自問自答していましたし、不安と葛藤がありました」

 プリンスリーグとプレミアリーグでは、レベルの差は少なからずある。

 U-17日本代表のチームメイトである仲間がプレミアで、あるいはセレッソ大阪やFC東京のU-23チームに参加してワンランク上の経験を積んでいる。

 彼の中でもむくむくと危機感は募っていただろう。しかし菅原は、ここで自分を見失うような柔な人間ではなかった。

「目指す場所はトップ昇格、さらにその舞台で活躍するということに変わりはないし、それはどんな状況にあっても同じこと。だからこそ、一日一日を大切にして、プレミアやJ3でプレーする選手達よりも意識を高く持って練習に取り組んでいけば、絶対に上手くなると自分に言い聞かせていました。その意識を絶対に落とさないように継続してやってきたんです」

 結果、彼はこの1年間で飛躍的に伸びた。

クラブだけでなく代表でも大きな存在感。

 サイドバック、CBとしてそのポジション、各種のシステムに合わせたプレーを柔軟にこなし、厳しい局面では身体を張り、自分の間合いに持ち込んで奪う駆け引きの上手さも磨きがかかっていった。さらに、質の高い縦パスを通して攻撃の起点にさえなっていたのだ。

 どんなステージでプレーしていようが、同年代の中でもずば抜けた戦術適応能力と技術を発揮していた菅原には、U-17日本代表の森山佳郎監督(現・U-16日本代表監督)も常に絶大な信頼を置いていた。

 U-17W杯のメンバー発表の直前に菅原が怪我をして招集が難しくなるかもしれないという噂が流れたときも、「由勢は本当にいなくなられたら困る存在。怪我をしたという話を聞いたときは目の前が一瞬真っ暗になった」と、森山監督のチームプラン全体が揺らぐほどの存在の大きさだった。

 最終的には無事U-17W杯には間に合ったのだが、当初はサイドバックとしての起用を考えられていたという。ところが守備の要であった瀬古歩夢(C大阪U-18)が負傷によりメンバー外となったため、急遽CBとして出場することに。

U-17W杯で得た貴重な経験を糧にして……。

 ここでも鋭い読みと全体のコントロール、そして攻撃のスイッチを的確に入れる見事なパスワークで組織を安定させ、瀬古の穴を完全に埋めてみせた。

 決勝トーナメント初戦のイングランド戦でも相手のハイレベルなプレッシャーに最後まで屈すること無く、90分間無失点で守り抜いた。

「U-17W杯で一番衝撃を受けたのは、パススピードを始めとしたプレースピード。『こんなハイスピードで90分間続くのか!?』と驚きましたし、帰国してからチームメイトにも一番にそれを伝えました。

 そこから練習でもパススピードを上げて、『世界相手ならこれくらいでやらないといけない』と自分自身にもチームメイトにも妥協すること無く求めてきた。そのレベルをスタンダードにしないといけない、って。イングランドは、すぐ脇をすり抜けてくるような速さの30~40mのパスをインサイドでスパーンと出してくる。『凄いな』と驚く一方で『鍛えれば自分にもできるはず』と確信も得ました」

 世界レベルでの衝撃的な経験は、彼の闘志に更なる火を点けたようだった。

「個のレベルアップはもちろん、まずはチーム(名古屋グランパスU-18)をプレミアリーグに昇格させる。それを達成してから、さらに上を目指しますよ」

 その言葉通り、プリンスリーグ東海でまずは優勝を果たすと、その年の年末には菅原はプレミアリーグ参入戦を戦うべく広島にいた。

 各地域のプリンスリーグ上位が集まり、4つのブロックに分かれてトーナメント戦を行い、そのトーナメントを制した4チームが来季プレミア昇格となるこの大会。名古屋U-18は初戦で長崎総合科学大附属に3-1で勝利を収めると、昇格決定戦ではコンサドーレ札幌U-18を相手に2-0の完封勝利を飾った。

「チームのために力つきるまで走ってやる」

 長崎総合科学大附属戦で、菅原は右サイドバックとボランチの2つのポジションをハイレベルでこなし、ボランチに入ってからは相手の急所を突くパスで攻撃をコントロール。

 札幌U-18戦でも貴重な決勝弾をアシストし、1年でのプレミア復帰の立役者となった。

「チームを昇格させることが自分の役目だと思ったので、チームのために力つきるまで走ってやる、昇格してやるという気持ちで毎試合に臨んでました。高田(哲也、現・サンフレッチェ広島ジュニアユース監督)さんの求める集中力の中にも楽しさがあるというさじ加減で、僕らも凄く学べたし、真剣にプレーしながらも楽しむところは楽しむ、ということを教えてもらいました。

 でも大会が始まる前に、高田さんやスタッフさんの大会後の退任が決まってしまったので、『プレミアに上げてテツさんをはじめ、退任するスタッフを絶対に胴上げしよう』と心に火が点いたんです。

 それに遠い広島の地まで応援しに来てくれた家族やサポーターの人たちに昇格を決めるところを見せたかったし……すべてが僕らの力になったと思います」

 参入戦は長年チームに携わってきた高田監督の最後の試合だった。

 慕ってきた指揮官の退任が決まってしまい、彼の義理堅さが顔を出さない訳がなかった。試合後のコメントでは最高の結果を手にしたにもかかわらず、周囲への配慮も欠かさなかった。

「おかげで刺激が多く、非常に中身の濃い、忘れられない2017年になりました。まあ、まだ17年しか生きていませんが(笑)」

風間監督に認められ一気に開幕スタメンへ。

 そして迎えた2018年シーズン。

 彼はさらに刺激的な1年を過ごそうとしている。

 チームの沖縄キャンプに帯同すると、さっそく風間八宏監督の目に留まり、あれよあれよという内にCBとして開幕スタメンの座まで射止めてしまった。

 17歳で高校2年生。4月にようやく高校3年生になろうとしている彼が、J1で稲本潤一(現・コンサドーレ札幌)に次ぐ史上2番目の若さ(17歳7カ月27日)で開幕スタメンを勝ち取り、フル出場で勝利に貢献したのだ。続いて、第2節のジュビロ磐田戦でもスタメンフル出場。世間的には突如として現れた新星のように見えたかもしれないが……彼の中では「想定内」のことであったかもしれない。

 プレミア参入戦の後のコメントには続きがあった――。

「イングランドや他のサッカー強豪国は、17~18歳の時点で上に行けるか行けないかを判断されるシビアな世界です。日本はそうじゃないからこそ、選手個々人が危機感を持たないといけない。

 来年、プレミアでノコノコやるのではなくて、プレミアで1番の選手にならないといけないし、それよりもトップチームの練習にすぐにでも参加して、トップチームの試合に常に呼ばれる選手にならないといけない。そこは本気で考えています」

世界で戦うための武器を磨き続ける。

 筆者が取材に行ったJ1第3節のアウェー・湘南ベルマーレ戦でもスタメン出場を果たした菅原。

 湘南の前線からの激しいプレスに対してもまったく顔色を変えること無く、常にピッチ全体を見渡しながら守備のバランスを取っていた。

 U-17W杯が終わってからも、「全体練習の終わりにずっと自主トレしていた。キックは得意だし、上の世界を考えたらもっとこの武器を磨かないと通用しないことも分かっていますんで」とずっと練習し続けてきたあの縦パスも、効果的に打ち込めていた。

 55分にはCBコンビを組むホーシャが負傷退場するアクシデントもあったが、代わりに入った櫛引一紀とのコンビもスムーズにこなし、試合こそドローに終わったが無失点に貢献。チームも3試合連続負け無しの2勝1分けと好調をキープできた。

「34試合ある中では、こういう試合もあると思う。負けなかったことが大きな収穫だと思います。

 相手のハイプレスはキツいとは思いましたが、逃げ道と言うか、前線のジョー選手だったり、ボランチの小林(裕紀)選手は外す動きが上手いですから。

 でも、ただボールを預けるだけじゃなくて、預けたときにもう一回自分が動いてパスコースになってあげることができれば、プレスに来た相手も迷うと思った。

 CBの相手が変わっても全然問題なかったです。もちろんホーシャ選手ともしっかりとコミュニケーションは取れていますが、櫛引選手とも細かく具体的に改善策を出すことができましたし。今は毎試合僕にとって新しい課題が見つかると言うか、ひとつひとつの課題に自分がしっかりと向き合えていると思います」

「今からテスト勉強をしないと(笑)」

 菅原由勢はこれからも言われ続けるだろう――「十代の選手とは思えない」と。

 でも、やっぱり彼はまだ17歳なのだ。

 大人びた言葉の合間にも、ちゃんと年相応の言葉を残す。

 湘南戦のミックスゾーンで話した最後の言葉は、こんな感じだった。

「明日はテストがあって、今からテスト勉強をしないといけないんですよ(笑)。でもそれは学生の『使命』なので(笑)。それを楽しむと言うか、上手く要領よく考えているので、そんなにキツいとは感じません。自分が好きなことをやっているんですから」

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon