古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「大谷翔平のチーズ」は素晴らしい!?メジャーのほめ言葉はスラングだらけ。

Number Web のロゴ Number Web 2018/04/17 17:30 及川彩子
ファンの予想を軽々と越える活躍をし続ける大谷翔平。次はどんなスラングで褒めれば良いのか? © photograph by Nanae Suzuki ファンの予想を軽々と越える活躍をし続ける大谷翔平。次はどんなスラングで褒めれば良いのか?

 現地時間の17日(日本時間の18日朝)に本拠地のエンゼルスタジアムで3度目の先発予定の大谷翔平選手。今回はどんなピッチングを見せてくれるのか、ワクワクしている人も多いはずです。

 4月8日の試合で6回まで打者を出さないすばらしいピッチングを披露しましたが、その投球内容へのアメリカ人ファンの賛辞はとてもユニークでした。

“Ohtani is so nasty(ナスティ)”

“Ohtani is filthy(フィルスィ)”

 などなど……どちらも「大谷はえげつない」という意味ですが、そんな言葉が飛び交いました。

“Nasty(ナスティ)”や“Filthy(フィルスィ)”という言葉は、えげつない、いやらしい、汚いという意味で、日常生活で“You are so nasty.”は「お前、本当に嫌な奴だな」と訳されます。

 友人や同僚にこんなことを言われたら、ちょっと、いや、かなり凹んでしまうほど強い意味を持ちます。でも野球の世界ではこういった修飾語が最大級のほめ言葉に変わってしまうのですから、とても不思議です。

汚い褒め言葉にも異なるニュアンスが。

 というわけで、メジャーで電撃的な活躍をみせる大谷翔平選手へのアメリカ人野球ファンから送られた言葉、野球スラングなどを日本語訳とともに紹介したいと思います。

 前述したように大谷選手の変化球をアメリカ人のファンは“Dirty(ダーティ:直訳は汚い)”、“Nasty(ナスティ)”や”Filthy(フィルスィ)”という言葉を使います。直訳すると、どれも「汚い」とか「いやらしい」という意味ですが、野球英語ではそれぞれ異なる意味合いを持っています。

“Dirty”は打つのが難しいボール。

“Nasty”は打者が予測できないような動きのあるボール。

“Filthy”は“Nasty”を上回るもので、バッターが逃げ出したくなるようなボール。

 順番をつけると、Filthy>Nasty>Dirtyになるのでしょうか。今まで何気なく使っていましたが、大谷選手のおかげで違いを知ることができました。

大谷翔平がチーズを投げた?

 そして今回、新しく学んだのは“Throwing cheddar(直訳:チェダーを投げる)”という言葉。

“Ohtani is unreal keep throwing that cheddar.(チェダーを投げ続ける大谷はホンモノだ)”とSNSで書いている人がいました。

 アメリカ人でも野球に詳しくない人にとっては聞きなれない言葉です。

 チェダーというのはチェダーチーズのことですが、「チェダーチーズを投げるってどういうこと?」と思う人も多いかもしれません。

 もちろん大谷選手がチェダーチーズを投げたわけではなく、「ものすごい速球を投げる」という意味になります。

とりあえず笑って「イエス」と答えておこう!!

 ちなみにチーズそのものも速球という意味ですが、試合観戦中に隣の人に突然、「今のチーズ良かったな」と言われてピンと来る人はアメリカ人でも少ないと思います。もしそのような場面に遭遇したら、とりあえず笑って「イエス」と答えておくことをお勧めします。

 逆に「大谷のチーズは最高だったね」と自分から言うと、野球通っぽい感じはしますが、その後の会話に困る可能性が高いと思います。

 チーズの反意語は「クッキー」や「ミートボール」で、崩れやすい、脆い、ということから「打ちやすいボール」という意味になります。

 最初にこの言葉を使った人がチーズやクッキーを実際に投げたのかどうか、気になるところです。

打者に対しても独特の褒め言葉がある。

 日本では投打に活躍する選手を「二刀流」と表現しますが、アメリカでは“Two way player(ツーウェイ・プレーヤー)”という表現をします。

 両方できる、という意味ですが、「二刀流」の方がかっこいい表現のように思います。

 また頼りがいのある、安定した打者のことを“Solid player(ソリッド・プレーヤー)”と言うことがあります。

 Solidは固形、固体という意味を持つのですが、スラング的な表現ですばらしい、しっかりした、という意味があり、それが野球でも使われています。

 得点に絡むヒットを放つ大谷選手に対しても、“He is so solid(すごく安定感がある)”とほめ言葉がかけられていますが、 以前ニューヨーク・ヤンキースでプレーしていた松井秀喜選手も大事な場面で得点に絡む働きをすることで、“Solid player”とファンから評価を得ていました。

大谷選手への次のスラング表現が楽しみ!

 今回、紹介した英語は受験にもビジネス英語でもほとんど出て来ない言葉ばかりですが、野球英語やスラングを知っていると、アメリカ人ファンの大谷選手へのほめ言葉を理解できて楽しさが増すのではないでしょうか。

 今後、試合を重ねるごとに、アメリカ人ファンがどんな新しい野球スラングで大谷選手をほめるのかも注目したいところです。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon