古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大谷翔平、亡き先輩左腕への誓い。「墓前にチャンピオンリングを」

Number Web のロゴ Number Web 2019/07/11 17:00 四竈衛
大谷が兄貴分として慕ったスカッグスは今シーズン、7勝を挙げていた。 © Bungeishunju Ltd. 提供 大谷が兄貴分として慕ったスカッグスは今シーズン、7勝を挙げていた。

 誰もが言葉を失った。

 エンゼルスの先発左腕タイラー・スカッグス投手が7月1日、遠征先のダラス郊外のホテルで急死した。27歳の若さだった。

 地元警察の発表によると、午後2時18分、遠征先のホテルの部屋で発見。すでに意識がなく、その場で死亡が確認された。死因などの詳細は明かされておらず、事件性はないとみられる一方で、シーズン終了時まで捜査は継続されることになった。

 突然の悲報を受け、当日の試合は、即刻中止が決まった。

 その直前まで、エンゼルスは投手陣のリーダーを中心に、笑顔に満ちていた。アーリントン、ヒューストンと続くテキサス遠征を前に、スカッグスはブラッド・オースマス監督に、ユーモアたっぷりに提案した。

「テキサスへ行くのだから、カウボーイスタイルにするのはどうだろう」

 シャレの利いたアイディアに首脳陣も賛成。大谷翔平をはじめ全員がカウボーイハット、ブーツなどを身に付け、和やかな雰囲気のまま、チャーター機に乗り込んだ。

 その翌日、チームから笑顔は消えた。

代打で安打を放った大谷だったが。

 悲しみを胸に、翌2日には試合が再開された。心身ともに打ちひしがれ、本来のプレーができる状態には程遠かったが、オースマス監督は涙ながらに言った。

「タイラーも試合再開を望んでいるはず。我々はプロのアスリートだが、ひとりの人間でもある。プレーするのはとてもタフなことだ」

 試合前には両軍全員が黙とうを捧げ、マウンド後方にはスカッグスの背番号「45」が刻まれた。ダッグアウトにはユニホームが掲げられ、イニング間のアトラクションも自粛される中、プレーボールがコールされた。

 試合は、中盤の集中打でレンジャーズに逆転勝ち。スタメンから外れていた大谷も代打で右前打を放った。勝利の瞬間には、全員が監督、首脳陣らと抱き合った。それでも、笑顔はなかった。

思わず顔を伏せ、目頭を押さえた。

 試合後の会見では、チームの主力選手らが整列。トラウトが嗚咽しながら「タイラーはずっと見守ってくれていると思う」と語る光景が、周囲の涙を誘った。正面を向いていた大谷も、思わず顔を伏せ、目頭を押さえた。

 だが、試合がある以上、いつまでもふさぎ込んでいるわけにもいかない。翌3日、スタメンで出場し、二塁打2本を放った大谷は、神妙な表情のまま、顔を上げた。

「切り替えろという方が無理だと思うので、みんなで無理にでも盛り上げていかないといけないのかなと思う。まだまだポストシーズンの可能性もありますし、シーズンは待ってくれないので、何とかシーズンが終わった時に、墓前にチャンピオンリングを持っていけたらなと思います」

 実際、大谷はオールスター休みまで7試合連続安打、その間、4本塁打と調子を上げて前半戦を折り返した。トラウトにいたっては、悲報後の6試合で6本塁打と、一気に量産ペースを上げた。

 エンゼルスは、前半戦を45勝46敗と借金1で終了。苦しい戦いには変わりはない。そう簡単に悲しみも癒えない。ただ、大谷の言葉通り、可能性はある。

 毎日、グラウンドに立てる喜びと、亡き左腕への誓いを胸に、エンゼルスナインは、残りのシーズンを戦い抜くに違いない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon