古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ジャンプ女子:高梨帰国 スロベニアで2カ月間の強化合宿

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 6日前
スロベニアでの合宿を終え、現時点の調整状況を語るジャンプ女子の高梨沙羅≡羽田空港で2017年7月17日、江連能弘撮影 © 毎日新聞 スロベニアでの合宿を終え、現時点の調整状況を語るジャンプ女子の高梨沙羅≡羽田空港で2017年7月17日、江連能弘撮影

 ノルディックスキージャンプ女子の高梨沙羅(20)=クラレ=が17日、スロベニアでの約2カ月間の個人強化合宿を終えて羽田空港に帰国し、「シーズン始めのいいスタートが切れたと思う」と充実感をにじませた。

 通常は日本で新シーズンへ向けて飛び始めるが、今季は現地で助走のスタート方法の改善に取り組みながら1日6~8本を飛び、従来より短めの板も試したという。例年より早い3月下旬から陸上トレーニングを開始したことで「ジャンプの仕上がりは去年(の同時期)よりいい」と語り、スキー板や靴など道具のテストにも時間を割けているという。

 7月下旬の国内試合から夏場の大会に参戦し、来年2月の平昌五輪に備えていく。【江連能弘】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon