古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

センバツ中止で「幻」となった、中京商と岐阜商の61年ぶりの決勝。

Number Web のロゴ Number Web 2020/03/26 11:40 小西斗真
当時の皇太子のご成婚と重なり、大会の歴史上唯一の決勝放映がなかった第31回。後の名監督、杉浦藤文擁する中京商が優勝した。 © Number Web 提供 当時の皇太子のご成婚と重なり、大会の歴史上唯一の決勝放映がなかった第31回。後の名監督、杉浦藤文擁する中京商が優勝した。

 令和初開催となるはずだった春の選抜高校野球が、史上初の中止となった。「球児の夢を奪った」という反対意見があれば「英断だった」と称賛する声もある。

 阪神大震災(1995年)は大会までおよ2カ月の1月17日だったが、甲子園球場がある兵庫県西宮市も甚大な被害に見舞われた。津波や原発など、被害の大きさではそれを上回る東日本大震災(2011年)は、被災地との距離はあったが大会直前の3月11日だった。

 このいずれでも開催に踏み切った高野連が、今回は断腸の思いで中止を決めた。反対意見も理解できるが、その決断の重さもひしひしと伝わってくる。

放映されなかったセンバツ決勝。

「第92回」が史上初なら、史上唯一だったのが「第31回」。

 1959年。昭和でいえば34年の大会は、中京商(現・中京大中京)と岐阜商(以下、県岐阜商)が決勝を戦ったのだが、テレビ中継が始まって以降の甲子園大会で唯一、放映されなかった。当時の皇太子、つまり現在の上皇さまご夫妻のご成婚と重なってしまったからだ。

 NHK、民放問わず、全局がロイヤルウエディングの模様を生中継。地上波のみの当時では、さすがの選抜も誰にも注目されることはなかったというわけだ。隣県対決は3-2で中京商が逃げ切り、3度目の紫紺の大旗をつかんだ。そして敗れた県岐阜商には、のちに野球界のレジェンドとなる選手がいた。

「私にとっては非常に思い出深い試合です。もちろん、テレビ中継がないのは当たり前。世の中はご成婚一色なんだから。そのことよりも、リードしていたからね。雨が降っていなければ勝てたんじゃないか。そう思ったわけですよ」

 今年1月に急逝したミスタードラゴンズ・高木守道氏の生前の言葉である。

 県岐阜商の主将であり3番。ほろ苦い青春時代の敗戦だが、当初のスケジュールでは4月8日が決勝戦だった。ご成婚を見越して降雨強行され、3回までは県岐阜商が1-0でリード。ところが雨脚が強まり、ノーゲームになった。翌9日も雨天順延。ついに10日のご成婚と重なってしまった。

伝説の名監督・杉浦藤文。

 勝った中京商にも「第92回」につながる物語がある。

「写真なら昔、見た覚えがあるんですが、テレビ中継がなかったという話は初めて知りました。父の現役時代の話はほとんど聞かされた覚えがないんですが、県岐商といえば昔からのライバル。当時の中京なら負けるわけがない。そう言いながら試合していたことでしょうね」

 こう話すのは杉浦弘文氏。「父」というのが杉浦藤文氏である。古くからの高校野球ファンには広く知られている伝説の名監督だ。

 母校を率いて1966年に甲子園春夏連覇を達成。選手としても1番・二塁手として、この「第31回」を制している。そして、弘文氏の長男、つまり藤文氏の孫にあたる文哉が、中京大中京の選手として「第92回」に出場予定だった。

“親分の孫”たちは「夏」へ切り替え。

「父が生きていたら喜んだでしょうね。というより、無理矢理にでも開催させていたかもしれません(笑)。残念なことではありますが、私たち大人が思っているよりも、息子たちは落ち込んではいないんです。中止の翌日には練習していましたし、グラウンドに張り出していた『甲子園まであと8日』という紙も、すぐに『夏まであと114日』に張り替えたそうです。高橋(源一郎)監督や今村(陽一)部長に言われたんじゃなく、自分たちで考えてやったと」

 中京大中京は明徳義塾の馬淵史郎監督が「松坂(大輔)以上」と絶賛した、エース・高橋宏斗を中心に、昨年秋の明治神宮大会を制覇。10年ぶりの選抜でも優勝候補の筆頭に位置づけられていた。

 右投げ左打ちの内野手である文哉は、しぶとい打撃と堅守でベンチ入りメンバーに選ばれていた。次男の泰文も新2年生として野球部に所属している。藤文監督は教え子からは「親分」と慕われており、入学時には「親分の孫が入った」と騒ぎになったともいう。

「甲子園はあくまでも部活動」。

「父が監督をやっていたころは、表向きは『目標は優勝』と言っていましたが、本当のところはまず、3年間のうちに1度は甲子園に連れて行ってやりたいと話していたんです。『中京に生徒が来るのは甲子園に出たいからだ』と。もちろん優勝は目指していたでしょうが、あくまでも部活動という考え方でしたから」

 息子の弘文氏だからこそ知る名監督の素顔。そういう意味ではDNAを受け継ぐ文哉、泰文は「3年間に1度は甲子園へ」というノルマはクリア。ただ、土はいまだ踏めてはいないのが残念だが……。

 県岐阜商も「第92回」には選出された。鍛治舎巧監督が鍛えたチームも優勝候補の一角に挙げられており、組み合わせによっては中京大中京との61年ぶりの決勝再戦もあり得た。

 昭和、平成から令和。時代は移ろい、藤文、高木両氏も泉下の客となった。記録には残るが戦績はない「第92回」。それでも新たな球譜は夏、さらに次の春へと紡がれていくはずだ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon