古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ダルビッシュならどう見る?履正社に敗れた津田学園の投手采配。

Number Web のロゴ Number Web 2019/08/13 16:30 氏原英明
今大会を代表する強打の履正社の前に、敗れたとはいえ控え投手だった降井隼斗は素晴らしく、津田学園が良いチームだったことは間違いない。 © Bungeishunju Ltd. 提供 今大会を代表する強打の履正社の前に、敗れたとはいえ控え投手だった降井隼斗は素晴らしく、津田学園が良いチームだったことは間違いない。

 果たして、これは美談なのか。

 敗者の壇上に上がったエースが、それまで我慢していた感情を思わず溢れさせたのを見て、ふとそう思った。

「降井が粘ってくれて、最後の最後に監督がマウンドに戻してくれた。高校人生で一番幸せなマウンドだった」

 ドラフト候補の1人として注目を浴びた津田学園(三重)のエース、前佑囲斗が散った。

 1回戦で大会タイ記録となる5本塁打をマークした履正社(大阪)打線に集中打を浴びて3回6失点。4回からは降井隼斗にマウンドを譲って、一時、一塁の守備に就いていたのだが、8回裏の履正社の攻撃が2死となったところで、再びマウンドに戻ることを指揮官の佐川竜朗監督から命じられたのだ。

 それまでの4回3分の2イニングを降井が1失点に抑えていたにもかかわらず、エースに対する温情とも言える采配に、当然のように前は感謝したわけである。

「エースと心中」主義が招く敗北。

「(たとえ劣勢にあっても)8、9回で奇跡が起きることがある。勢いをつけるために、前をマウンドに戻した」

 津田学園の指揮官・佐川監督の弁である。

 それまで好投していた降井の功績よりも、エースの右腕に期待を寄せる事でチームに勢いをつける――そう考えて、一度は休ませたエースをマウンドへ戻したわけだが、この起用を美談にしてしまうことに少し違和感を覚えた。

「エースと心中」主義。

 甲子園を長く取材していると、こういう雰囲気を感じることが度々ある。試合にどれだけ負けていても、エースをマウンドに立たせ続けることでファイティングポーズを見せようとする。エースの身体的な疲労より、チーム全体の精神的な部分に訴えかけることで、なんとか不利な局面を打開しようという狙いがあるわけだ。

 少々皮肉めいたことを書いたのは、そうした精神的な部分に訴えかける事が必要無いくらい、この日の津田学園の2番手・降井が好投を見せた……と筆者には思えたからだ。

履正社打線を封じ込めていた控え投手。

 県大会でたった7イニングしか登板がなかったという降井は、この試合、4回からマウンドに上がると、4番・井上広大、5番・内倉一冴を連続三振。交代した1イニング目から好スタートを切ると、4回3分の2を投げて、3安打1失点7奪三振に抑えたのだった。6回裏に自らの暴投で1点は失ったものの、終始堂々としたピッチングを見せていた。

 もちろん結果だけで評価しているわけではない。

 2番手投手でありながら、彼のこの日のストレートの最速は142キロを叩き出していた。コーナーに決まるストレートを見せ球にしながら、スライダー、チェンジアップの変化球を低めに決めており、エースの前を粉砕した履正社打線のバットに空を切らせ続けていたのである。

 なぜ、これほどのピッチングができる降井の県大会での登板が、わずか7イニングしかなかったのだろうか。

 佐川監督は言う。

「正直、三重県大会では連戦がほとんどなかったので、エースの前を先発に立てて、何かあった場合、今日みたいに、早いイニングで前をファーストに入れてというのを考えてきていました。結果的に、前が完投することが多かったんです」

 エースひとりを軸にする偏ったチーム作りが、降井の登板機会を失わせてきた、と言うことになろう。そして、その歪みがここへ来て一気に表面化した……ということだ

 エースの前は、1回戦の静岡戦で完投勝利こそ挙げているが、なんと160球をも投じているのである。

「160球完投」こそが問題だった。

 周知のように、ピッチャーの肩や肘にかかる負担は、球速が上がり、球数が増えればそれだけ高まっていくものだ。すでに多くの医療関係者やバイオメカニクスの専門家などがそのことを断言している。この「160球完投」という事実こそ、津田学園の佐川監督が今大会を勝ち抜くマネジメントとして失敗した点と言えるのではないか。

 1回戦の静岡戦は3-1の接戦だったから、この試合展開でエースの前を交代させることは容易ではないと言う理屈は分かる。球数が多かったとしても、エースで最後まで行きたくなるのは、エース心中主義を貫いてきたチームなら、必然の采配だろう。

 しかし、そんな「エースと心中」という苦境に陥ってしまうのは、チームのこれまでの歩みそのものに遠因がある。つまり、降井の登板機会を地方大会から意識的に創出してこなかったからそうならざるを得ない、ということなのだ。

ダルビッシュ「輝ける選手を増やしたい」

「自分は常に輝ける選手を増やしたいと言い続けています。球数、イニング制限は控え選手の出場機会も増えます」

 そう語ったのは、シカゴ・カブスのダルビッシュ有だ。

 本日8月13日未明、自身のSNSにおいて、球数制限に関する賛成意見として、ツイートをしていた。

 昨今、話題にされることが多い球数制限の議論では、「悔いなく最後までエースに投げさせるべき」と言う意見も見られるが、この視点とはまったく異なる、「控え投手の出場機会をもっと創出すべき」というところまで言及する人は少ない。ダルビッシュは、ルールづくりのその先に見える、新しい野球の可能性にまで言及しているのである。

 球数制限をすれば、多くの投手に出場機会を創出できるわけで、その機会があることでエース以外の投手が活躍する場所が創られる。だが、現行の高校野球の指導者の見識と高校野球のルールのままだと、そこまで発想が至らないという現実があるのだ。

 この日好投を見せた降井のような優れた控え投手が、県大会でたった7イニングしか登板がないのは、まさにこの問題を象徴しているように思う。奇しくも、ダルビッシュが言ったように、輝けるはずだった控え投手の登板機会を奪ってきたからこそ、1人の投手が1試合で160球も投げなければいけない……という異常な状況が生まれてしまうのだ。

2人で戦っていれば勝利の可能性も!?

 降井は甲子園での初登板をこう振り返っている。

「今年のセンバツの時に、(前)佑囲斗が1人で投げていたのに代わってあげる事が出来なかった。力不足で悔しかった。今までやってきたことを少しでも出し切ろうと思い、悔いが残らないように全力で投げた。とにかく甲子園のマウンドは楽しかった」

 ここで散ってしまうにはもったいない2人だった、と思う。

 履正社打線が驚異的な強さだったことは間違いないが、この2人が共に力を合わせていれば、1回戦の静岡に2人でしっかり競り勝って、履正社打線もなんとか封じることができたのではないか……と想像してしまうのだ。

 それだけに、最後に前が登板したことを美談にしてはいけないと思った。この試合、まさに、ダルビッシュの言う通りだったのだから。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon