古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

世界のスポーツ界の「史上最年少チャンピオン」たち

Photos ロゴ Photos | 18 枚のスライドの 1 枚目: Helena Sukova (left) and Martina Hingis hold up the trophy after winning the final of the Ladies doubles 5-7 7-5 6-1 at Wimbledon this morning (Monday). Photo by Adam Butler/PA   (Photo by Adam Butler - PA Images/PA Images via Getty Images)

世界のスポーツ界の「史上最年少チャンピオン」たち

マルチナ・ヒンギス(女子テニス)からタイガー・ウッズ(男子ゴルフ)まで、各分野で「最年少チャンピオン」の記録を持つ有力選手を順番に紹介していく。

【写真】マルチナ・ヒンギス(テニス)

15歳9か月7日(1996年ウィンブルドン女子ダブルス優勝)。

ヒギンズは1996年、ヘレナ・スコバ(チェコ)とペアを組み、ウィンブルドンの女子ダブルスのタイトルを獲得、同選手権で史上最年少のチャンピオンとなった。

© Adam Butler/PA Images
image beaconimage beaconimage beacon