古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

八村塁、今年はNBA入りせず。大学残留で得られるものとは?

Number Web のロゴ Number Web 2018/04/17 10:30 宮地陽子
来季もゴンザガ大でプレーすることを発表した八村。「もっとバスケットボールを学び、向上することを楽しみにしている」とコメントした。 © photograph by Yoko Miyaji 来季もゴンザガ大でプレーすることを発表した八村。「もっとバスケットボールを学び、向上することを楽しみにしている」とコメントした。

 4月8日、八村塁は所属するゴンザガ大からのプレスリリースで、今年のNBAドラフトへのアーリーエントリーを見送り、今年秋からの新シーズンも大学に残ることを発表した。この発表を受けて、アメリカ大手のスポーツメディア、ESPNでもウェブサイトにニュース記事が掲載されたことからも、注目度の高さがうかがえる。

 そのESPNの記事では、NBAに向けての八村の課題として外からのシュート力を伸ばすことだと指摘されていた。確かに、終わったばかりの2017-'18シーズンの八村はゴール近くから攻めることが多く、3Pシュートはシーズン合計わずか26本しか打っておらず、そのうち決めたのは5本にすぎなかった。外からのシュート力がない選手は試合に使ってもらいにくい時代だけに、確かにこの数字は物足りない。

 もっとも、八村にとっては3Pシュートよりさらに大事な課題がある。シュート力はNBAに行ってからでもいくらでも伸ばすことができるが、これがなければNBAの世界で戦い、生き延びることが難しく、大学の間に身につけておくべき課題だ。

 それは闘争心──誰にも負けたくない、どんなことをしても勝つという強い気持ちだ。

「ルイはもともとナイスキッドだから」

 去年秋頃の八村は、闘争心以前に、失敗することを恐れる気持ちがあった。コーチも指摘し、本人もそのことを認めていた。それでも、この課題はシーズンを戦う中で自然と乗り越えることができたという。チームが勝つために自分の役割をこなそうとするなかで、チームとしての自信を自分の力にも変えることができたからだった。

 その次のステップとして求められたのは、八村自身がまわりに自信を与えるような存在になることだ。そのためにも、強い気持ちが重要だった。

 ゴンザガ大のマーク・フューHCは、シーズンを通して八村にあえて厳しいことを言ってきたのだという。

「ルイはもともとナイスキッド(いい子)だから、相手からパンチを2回ぐらい食らってから、戦いに行くときだと決心するようなところがある。毎晩、戦えるようなメンタリティを彼がつけることこそが、私の目標だ。

 そのことを、なるべくシンプルな形で教えるようにしている。『キラーにならなくてはいけない。タイガーにならなくてはいけない』と言っているんだ」

NBAに飛び込むため、強い競争心を。

 たとえば、3月15日、シーズン集大成となるNCAAトーナメントの1回戦。ノースカロライナ大グリーンズボロとの試合で、相手のペースに飲み込まれた八村は、自分の持ち味を発揮できなかった。幸いチームメイトの活躍で試合には勝ったが、「何もできなくて、チームに迷惑をかけた」と反省していた。

 その翌日の練習で、フューHCは八村に対して、いつも以上に厳しく当たった。1回戦でのプレーがソフトだったと指摘し、もっと気持ちをこめて戦えと叱咤した。

「そうすることが私の仕事だからね」とフューHCは言う。

「私はこの子(八村)に強い競争心を植え付けたいんだ。それが、彼のために私がやらなくてはいけないことだと思っている」

 選手として成長するために、そして、この先、目標とするNBAの厳しい競争に飛び込み、そこで生き延びるためにも、どんな相手でも気弱にならず、相手を倒しに行くようなメンタリティは必要不可欠なものだ。そのメンタリティがないために、NBAで力を発揮できずつぶれてしまう選手も多い。それを知っているからこそ、八村に厳しく当たるのだった。

自己最多の25得点4ブロックをマーク。

 フューHCのそんな愛の鞭に応え、八村はNCAAトーナメント2回戦の対オハイオステイト大戦では、自分から仕掛け、攻める姿勢を見せた。結果は自己最多記録の25得点、4ブロックをあげたほか、リバウンドも5本奪い、攻守に活躍した。

 試合後、フューHCは満足そうに「きょうのルイは、競争者として成長を見せてくれた」と喜んだ。

「前の試合での彼は、神から与えられた運動能力を使うことなく、フロッピングしたり、ソフトなプレーをしていた。でも、きょうの彼はタフだった。ずっと『タイガーになれ』『キラーになれ』『ハートをもって戦え』と言い続けてきたが、今夜の彼はそれを見せてくれた。とても誇らしい思いだ」

控えFWも愛情をこめて“叩きのめす”。

 八村に競争心の火を灯そうとしているのは、コーチ陣だけではない。チームメイトの一人、控えフォワードのジェレミー・ジョーンズも、練習のたびに、意識して八村に対して戦いを挑んでいるという。

「ルイはどちらかというとおちゃらけタイプだから、試合に向けての準備ができるように、僕ができることをやっているんだ。彼に向かっていき、少し叩きのめしたりしている。そうすると、彼も肘鉄などでやり返してくる。お互いがうまくなるように、愛情をこめて楽しくやっているから、コートの外での関係に影響することはない。彼は僕の仲間だからね」

 八村もそんなジョーンズの意図を理解し、挑戦として受け止めている。そうやって挑んでくるチームメイトのおかげで、アメリカ流の競争にも少しずつ慣れてきたとも言う。

「彼とは、練習中にプレーで押し合って、『お前、何やっているんだ? What are you doing?』とか言い合って喧嘩しています。わざとそうやってくれているので、いい練習になっています。そういうところは日本ではないところじゃないかな」

「コート上でベストプレイヤーは君なんだ」

 別のチームメイト、スターティング・ポイントガードのジョッシュ・パーキンズは、試合中にことあるごとに八村に声をかけ、自信を持たせるようにしているという。

「いつも、『コート上でベストプレイヤーは君なんだ』だと言っている。ルイは何でもできる万能選手で、誰も彼を止められない。試合に出ているときはいつもポイントガードとしてルイを見ているから、自分が得意とするスポットに行きさえすれば、あとは僕がボールを回してやると言っている」

 八村が「チームに迷惑をかけた」と反省したノースカロライナ大グリーンズボロ戦で、チームを勝利に導いたのは、八村のルームメイトでもあるザック・ノーベルJr.が試合終盤に決めたシュートだった。試合後、そのシュートについて八村に聞くと、「あれは彼のプレーではなかったと思うんですけれど」と、その時のコーチの指示が、ノーベルJr.がシュートするセットではなかったことを明かした。

 といっても、チームメイトへの批判で言っているわけではなかった。自分が打つためのセットでなくても、相手ディフェンスの守り方によって打つべき状況になることがある。そうなったときに、自信をもって打ち、決めてくる自信を持っている彼を称賛したのだった。そういった自信や判断力は、まだ八村には足りないものだった。

「僕の役目は大きいんじゃないか」

「チームの中でも僕の役目は大きいんじゃないかと思い始めてきている」と八村は言う。

「コーチたちも期待してくれているんですけれど、僕はまだそういうところで自信が持てず、踏み切れないところもあるので……」

 シーズン最終戦となったNCAAトーナメント3回戦(全米16強)のフロリダステイト大戦で、ふだんスターターを務めるキリアン・ティリーが故障したため、八村は今季2度目の先発を言い渡された。試合に出られないティリーの分も、と奮闘し、16得点、9リバウンドをあげたが、チームを勝利に導くには足りなかった。

 後半にはシュートを何回もブロックされ、そこから相手の速攻を食らうことも数度。結局、試合に敗れて、シーズンが終わりを迎えた。

 果たして、この最後の試合で八村はタイガーになれていたのだろうか。試合後にフューHCにそう問いかけると、「そうなろうとはしていた」という答えが返ってきた。

「でも、まだ完全にはなれていなかった。タイガーになっていたときもあったけれど、そうではないときもあった」

殺るか殺られるかの気持ちで戦わないと。

 この1年での八村は目覚ましい成長を見せた。それはコーチ陣が期待していた以上だった。しかしこの先、まわりが八村に期待しているのは、さらなる成長だ。それができる選手だと見込まれているからこそ、求められる水準も高くなる。

「次のステップは、高いレベルの試合で結果を出すことだ」とフューHCは言う。

「『殺るか殺られるか』ぐらいの気持ちで戦わなくてはいけない。フィジカル面でもメンタル面でも100%出し切らなくてはいけない。酒場の喧嘩で、つま先立ちでいるわけにはいかないんだ。つま先立ちで、2回くらい殴られてから喧嘩を始めるのではなく、最初から向かっていく準備ができていないといけない」

 そのメンタリティが身についたときこそ、八村がNBAに挑む準備ができたとき、なのかもしれない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon