古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大坂なおみからマッケンローまで、テニス全米オープンの歴代優勝者40人

Photos ロゴ Photos 41 枚のスライドの 1 枚目

大坂なおみからマッケンローまで、テニス全米オープンの歴代優勝者40人

大坂なおみ選手が日本勢として初めて優勝を飾ったことで、日本でも今年は例年以上に注目を集めたテニスの全米オープン。その歴代チャンピオンのなかには、マッケンローやコナーズ、ナブラチロワにグラフといった往年のスター選手の名前も並んでいる。ここで紹介するのは、1980年以降の男女シングルス優勝者で、アーサー・アッシュやビリー・ジーン・キングといったレジェンドが含まれていない点は悪しからず。また4大大会で計11回(全英5連覇、全仏6回)も優勝したビョルン・ボルグが全米では1度も勝てなかったというのは少々意外である。

なお、優勝回数のトップは大坂が今年決勝で下したセリーナ・ウィリアムズの6回で、その後にシュテフィ・グラフ、ピート・サンプラス、ロジャー・フェデラーらが5回で続く。まだ若い大坂がこれからどこまで優勝を重ねるのか、あるいは彼女の前に同年代もしくは年下の好敵手が現れ、ふたりでテニス界全体をさらに盛り上げていくことになるのかなど、さまざまな想像を刺激するこのリストをお楽しみいただきたい。

image beaconimage beaconimage beacon