古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

山中慎介、陽性・ネリの次戦発表に驚き「おかしい話」自身の進退は明言せず

スポーツ報知 のロゴ スポーツ報知 2017/10/18 スポーツ報知/報知新聞社
我が子との写真パネルを手にインタビューに答える山中慎介 © スポーツ報知/報知新聞社 我が子との写真パネルを手にインタビューに答える山中慎介

 8月15日のプロボクシングWBC世界バンタム級タイトルマッチで、山中慎介(35)=帝拳=を破って新王者となったが、ドーピング検査で陽性となったルイス・ネリ(22)=メキシコ=が17日(日本時間18日)、11月4日に母国のティファナでノンタイトル10回戦を行うと発表した。

 山中はこの日、都内でのイベントに出席。WBCは慎重に対応を協議中だが、その中でネリ陣営が次戦を発表したことに「びっくり。(裁定の)結果も出ていないのに、こうなるのはおかしい話」と困惑の表情。帝拳ジムの浜田剛史代表(56)は「WBCの裁定を待つしかない」と話した。

 山中は進退について「何も決まっていない」と保留。「続けるにしても引退するにしても、トレーニングは続けたい」と既に体は動かしているという。同門の後輩の村田の再戦については「攻撃的に開始直後から行くと思う。もちろん村田が勝つ」とエールを送った。

スポーツ報知の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon