古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

山根会長時代に起こったある事件。井上尚弥を生んだU-15大会が消滅。

Number Web のロゴ Number Web 2018/08/11 11:00 渋谷淳
山根明前会長をめぐる騒ぎで評判を落とした日本ボクシング連盟。ジュニア世代でも問題が起きている。 © photograph by Kyodo News 山根明前会長をめぐる騒ぎで評判を落とした日本ボクシング連盟。ジュニア世代でも問題が起きている。

 助成金の不適切流用、不正審判、暴力団関係者との交際─―。

 アマチュアボクシングを統括する日本ボクシング連盟(以下、連盟)の問題は、ハチの巣をつついたような騒ぎをへて、山根明会長の辞任という形でひと区切りがついた。

 一連の報道では、まるでマフィアを思わせる山根氏のキャラクターばかりに注目が集まった印象が強いが、アマチュアが抱える根深い問題はいくつもある。筆者がこの機会にぜひとも取り上げたいのは、ボクシング界のジュニア育成についてだ。

 昨年4月、ひとつの通知が連盟から発信され、ボクシングを志す小中学生、その保護者、関係者たちを震え上がらせた。

「今後、日本プロボクシング協会の主催する、U-15ボクシング大会に出場した選手は目的如何に関わらず、当連盟主催のUJボクシング大会及びそれに係わる予選等に出場することは出来ないこととする」

プロ主催大会の参加を禁じた連盟。

 さらに8月、連盟は各都道府県連盟に次のような通達をしてダメを押した。

「指導者と保護者プロ関係者が主催の勝ち負けのある大会には参加禁止」であると。

 説明が必要だろう。U-15とはU-15ボクシング実行委員会が主催する小中学生を対象とした大会で2008年に第1回大会が開催された。正確には日本プロボクシング協会主催ではないのだが、運営や審判はプロの人間が担っているため、連盟の文書の通り、プロ主催とみなされる大会である。

 もともとボクシングにジュニアの大会はなく、以前は高校の部活動からボクシングを始めるのが一般的だった。

 しかし、それでは幼少期から取り組んでいる世界に後れを取るのではないか。競技人口の確保、ボクシング人気の拡大のためにもジュニア世代へのアプローチが必要なのではないか。そうした考えからU-15は生まれた。

甲子園のようなものだったのに。

 一方のUJはアンダー・ジュニアの頭文字をとったもので、これは連盟が'12年に立ち上げたジュニアの大会だ。これまで、小中学生ボクサーはどちらの大会にも参加することができ、実際に両大会で優勝を勝ち取る選手もいた。

 新たな通知では、両大会への出場は不可ということになる。ただでさえ実戦で腕を磨く機会の少ないジュニア・ボクシングにあって、選手からみれば主要な大会が1つ消えるのだから大きな痛手である。プロ関係者の1人は次のように嘆いた。

「U-15はいい大会だったと思います。何より全国大会の会場は後楽園ホールです。後楽園ホールは高校球児にとっての甲子園のようなものですから、子どもたちのモチベーションも高めていた。かつてはプロとアマが協力してやれていたのですが……」

 この関係者が指摘するように、実はU-15はプロとアマが協力していた時期があった。アマ側がU-15大会に審判を派遣していたのだ。第5、6回大会では、アマとプロの審判が1試合ずつ交互にレフェリングをした。プロとアマの審判員が立場の違いを超えて同じ大会で協力する姿は、はたから見ても「これはいいな」と感心するものだった。

山根氏はプロアマ交流復活を掲げたが。

 アマの審判員がU-15に派遣された時期は'12年と'13年で、ちょうど山根氏が連盟会長に就任した'11年の直後にあたる。会長就任当初、山根氏が掲げた10の改革案の1つが「長く続いたプロボクシング界との断絶関係をあらため交流を復活させる」だった。

 少し説明を加えると、連盟の故川島五郎前会長はプロとマスコミ嫌いで知られ、プロとの交流は文字通り断絶に近い状態だった。純粋に技術を高める目的でプロとアマの選手がスパーリングをしようとしても、それは極秘に行うのが常識だったほどだ。

 こうした背景があったので、山根氏の打ち出した方針をプロ側も大いに歓迎したものだった。

 ところが、第7回大会になるとアマの審判員派遣は急きょストップする。UJが発足したこともあっただろうが、まだこの時点ではまだ決定的な対立というわけではなく、翌年はプロとアマがU-15とUJの予選の日程が重ならないように話し合い、子どもたちができるだけ多くの試合に出られるように調整した。

インターハイなどにも出られない。

 しかし、こうした現場の努力も空しく、ついに昨年、アマがU-15を拒絶する通知を発表したのは冒頭に書いた通り。その理由は定かではないが、子どもたちにとっては最悪の事態にいたったと言えるだろう。

 この通知がジュニア選手、関係者に与えたショックには、もう1つ大きな理由があった。もしU-15に出場した場合、UJに出られないだけでなく、将来的にインターハイなどすべてのアマチュアの大会に出場できなくなる、という懸念である。

 アマチュア規則の適用基準では「選手や役員がプロの興行の試合参加はもちろん、前座の試合等に参加する事を禁止しています」と明言している。

 前述の通り、U-15を“プロの興行”とみなせば、ルールを厳格に適用するとU-15への出場はアウトで、その時点でアマチュア資格は失う。「それはひどい」という訴えに対し、アマ側は「いや、ルールですから」と答えるというわけだ。

 U-15に出場した選手が、高校に入ってインターハイの予選にさえ出場できなかったらたまらない。仮にU-15に出場したくとも、子どもの将来を考えれば、親は出場をやめさせるだろう。まさにアマの“U-15つぶし”というほかない。

プロ側はやむなく別大会を立ち上げ。

 プロ側はやむなく'18年のU-15開催を断念した。かわって将来のプロ希望者のみを対象とした「ジュニア・チャンピオンリーグ」の立ち上げを発表した。

 この大会の出場者を募集するにあたっては、プロ側は「もしこの大会に出場したら、高校生になってインターハイに出られないかもしれない。それを承知した上で出てください」と念を押すようにしている。それほどアマ側の出方に神経をとがらせているというわけだ。

 正直なところ、小学生の段階で将来プロを目指すのか、オリンピックを目指すのかを判断させるのは酷だし、そもそも判断しようがない。それに、オリンピックを目指したり、プロ入りしたり、というところまでいく選手はごく一部。まずは裾野を広げることが大事であることは言うまでもない。

井上尚弥らが巣立ったのに……。

 実際問題として、プロ側の協力なくして、十分なジュニアの育成ができないことは論をまたないだろう。プロ加盟のジムが全国各地にあり、そこで練習を積んだ選手がU-15 、UJに数多く出場しているのだ。

 10年でその歴史に幕を閉じたU-15からは、プロで3階級制覇を達成した井上尚弥や、アマで世界ユース選手権を制し、東京オリンピックでの活躍が期待される堤駿斗らが巣立っていった。つまり、結果を出していた大会でもあった。

 山根体制批判の声を上げたアマチュア会の有志でつくる「日本ボクシングを再興する会」はマニフェストの1つで「アマチュア連盟としてプロ団体とも協力しながらアンダージュニア選手が相互の練習会や競技会に出場できるような環境を整備します」とうたった。

 どのような形でもいい。ぜひともこの機会に、子どもたちの将来を考えた改革に取り組んでほしいと切に願っている。

 ことは山根おろしで終わりではない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon