古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

〈甲子園の勝利数番付〉大阪桐蔭が近づく“平成デビュー初快挙” 最強公立校や天理・横浜・日大三など「東西三役~十両候補」は?

Number Web のロゴ Number Web 2022/08/06 17:01 広尾晃
根尾昂らの大阪桐蔭、松坂大輔らの横浜…強豪校も徐々に甲子園勝利数の番付で上位に進出してきている © Number Web 提供 根尾昂らの大阪桐蔭、松坂大輔らの横浜…強豪校も徐々に甲子園勝利数の番付で上位に進出してきている 球児が白球を追い、躍動する――2022年夏の甲子園が開幕しました。毎年恒例の「甲子園番付」でお楽しみください!

 8月6日に始まった第104回全国高校野球選手権大会、今夏は「春夏通じての甲子園初出場校」が1校もなかった。フレッシュさに欠けるとの評もあるが、長引くコロナ禍で練習環境が整わない中、新興の学校にはやや不利になったか。学校間の格差も拡がっている印象がある。

 甲子園番付、今回は第1回からの春夏の甲子園の通算成績で見ることにした。例によって、関西以西が西、中部以東が東で番付を振り分けた。学校名に色がついているのは今夏の甲子園出場校。学校名は現在のものとし、合併した場合は、合併後の校名とするが、合併後に甲子園で勝利していない学校は、旧校名のままとした。

「公立高校で最強」の存在は県岐阜商

 高校野球、甲子園の歴史は1世紀を超している。番付上位にはいわゆる古豪・伝統校が並ぶのは自然なところだが、幕内上位の高校の多くは、今も各都道府県で「強豪の一角」を占めている。

 東西通じての最多勝の東横綱、中京大中京(愛知)は今夏は3回戦で東浦に敗れたが、昨春の選抜では準決勝まで進出している。

 東大関の県岐阜商(岐阜)は公立高校としては「最強」と言える。春夏併せて優勝4回、準優勝4回。今夏の岐阜県大会でも決勝で新興の帝京大可児を7-6と振り切って甲子園出場を決めた。

 西横綱の龍谷大平安(京都)は決勝で京都国際に1-6で敗退している。

 この番付ではPL学園(大阪)が常に話題になる。出場37回、春夏通じて優勝7回、準優勝4回。プロにも多くの人材を輩出し「史上最強高校」の名をほしいままにしたが、2016年夏を最後に公式戦に出場しなくなり翌年には大阪府高野連に脱退届を提出して休部となった。

 立浪和義、宮本慎也、清原和博、加藤秀司、新井宏昌、松井稼頭央と6人もの2000本安打選手を輩出したのはPL学園だけだ(日米通算では福留孝介も2000本を達成)。

 あれから6年目の夏、PL学園OBで現役で活躍しているのは、中日の福留孝介(1996年卒業)、MLBツインズの前田健太(2007年卒業)、オリックスの中川圭太(2015年卒業)の3人だけ。今季中川は中軸に座って活躍している。

小結から幕内上位に今夏の出場校が並ぶ

 さて、西方では小結の天理(奈良)以下、幕内上位に今夏の出場校が並んでいる。

 とりわけ3回目の春夏連覇を目指す大阪桐蔭(大阪)が注目を集める。今年の春に大阪桐蔭は優勝、春夏連覇すればさらに6勝を加算し、広陵(広島)を抜いて前頭筆頭に昇格することになる。この勢いが続けば、来年にも三役入りだ。大阪桐蔭は昭和最終年の1988年に初めて夏の予選に参加、甲子園初出場は1991年春、平成に甲子園デビューした学校の三役入りは史上初となる。

 天理、智辯和歌山(和歌山)といったライバル校は、勝ち星を加算して大阪桐蔭の急成長を阻止したいところだ。

 東方でも横浜(神奈川)、日大三(東京)、仙台育英(宮城)と有力校が今夏の甲子園に出場する。今大会中の三役入りはないが、3校ともに前頭上位でしのぎを削っている。

 十両では東十両2枚目の星稜(石川)があと5勝で新入幕が確実になる。今年の星稜は1点差試合を2つ制して出場を決めた。粘りの野球で、上位進出なるだろうか。

 西の十両、幕下では近江(滋賀)に注目だ。昨年夏は準決勝進出、今年春は決勝で大阪桐蔭に敗退と、直近2回の甲子園大会では8勝2敗とめっぽう強い。今夏に決勝まで進むことがあれば、幕下6枚目から一気に十両入りを果たせる。三段目では今夏出場校は明豊(大分)だけ。いわゆる中堅校、新興校の勢いがなかった。

今年から連合チームは「1」ではなく学校数になったが

 日本高野連が発表した統計資料によれば、5月末時点での高校硬式野球部員は、13万1259人。2014年には史上最多の17万312人だったから、わずか8年で4分の1近い23%もの減少となった。

 また参加校数も3857校と最多の2005年の4253校から10%の減少。日本高野連は1997年から「連合チーム」での出場を認め、9人未満の野球部での公式戦、甲子園の予選への出場の道を開いたが、近年は、連合チームを含めても部員数、参加校の減少が止まらなくなっている。昨年までは「連合チーム」は、参加校としては「1」とカウントしていたが、今年から3校の連合チームなら「3」とカウントすることになった。それでも参加校数は前年より33校減っているのだ。

 夏の甲子園では決勝戦の後、優勝校を「全国4000校、15万球児の頂点に立った」と言ってきたが、これも使えなくなってしまう。

 高校球児の減少は「少子化」だけでは説明できない。2010年の19歳未満の人口は2380万5000人だったが、2022年は2274万2000人。4.67%の減少に過ぎない(この時点でも深刻な数字なのだが)。この間に高校野球の競技人口は20%以上も減少している。

地方では甲子園出場の「寡占化」が進んでいる

 高校野球の「裾野」が痩せてきた結果として、地方では少数の高校による甲子園出場の「寡占化」が進んでいる。

 高知県では、明徳義塾が2010年以降の12回(2020年は中止)の夏の甲子園で11回出場、福島県では2007年以降の15回で、聖光学院が14回出場。栃木県でも2011年以降、作新学院が10年連続出場を果たした。

 これらの県では、県大会が始まる前から結果が「ほぼ決まっている」という空気になる。部員数が9人ぎりぎりの公立校などは対戦するときは「怪我をしない」ことが目標になってくる。こうした「実力格差」が、競技人口減少の一因になっている。

新設校やユニークな学校などが出てくることに期待したい

「春夏甲子園番付」は1世紀以上の高校野球史の集積だから、そう簡単には番付は動かない。しかし、新設校が進出するなど、新しい風が吹かないと、伝統文化の番付のようになって魅力がなくなっていく。

 特に三段目あたりに、次々とユニークな学校が進出することを期待する。特に公立校が元気を取り戻してほしい。大会のシステムそのものの見直しも含めて、改革が進んでほしいと思う。

 新型コロナ第7波のピークと重なり、今夏は異常事態となっている。勝星もさることながら、球児にはまずは「無事、甲子園の土を踏んで」欲しいと願う。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon