古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

相撲のビデオ判定はあくまで「目安」。ハイテク偏重の前にあった先人の知恵。

Number Web のロゴ Number Web 2019/06/12 11:30 荒井太郎
令和時代最初の大相撲夏場所。13日目。物言いがつき審判の協議を見守る朝乃山。軍配差し違えで栃ノ心を破った。 © Bungeishunju Ltd. 提供 令和時代最初の大相撲夏場所。13日目。物言いがつき審判の協議を見守る朝乃山。軍配差し違えで栃ノ心を破った。

 トランプ米大統領の観戦で日本中、いや全世界で大きな注目を浴びた先の大相撲夏場所で賜盃を抱いたのは前頭8枚目の朝乃山だった。

 場所前半は横綱鶴竜と大関返り咲きを目指す関脇栃ノ心がともに盤石の相撲で勝ちっぱなし。優勝戦線はこの両者を軸に展開されるかと思われたが、ともに後半は崩れた。その間隙を縫って優勝候補に浮上したのが平幕の朝乃山であり、13日目に組まれた栃ノ心対朝乃山戦はいろいろな意味で場所の流れを大きく左右する一番となった。

 この場所で10勝すれば大関復帰となる栃ノ心は10日目に早々と9勝目を挙げながら翌日から平幕に2連敗を喫し、暗雲が垂れ込めてきた中でこの一番を迎えた。

 一方の朝乃山は2敗で鶴竜とともにトップを並走。この日も快進撃の勢いそのままに、立ち合いで左上手を取ると一気の出足で元大関を土俵際に追い詰めた。

 しかし、俵伝いに右に回り込んだ栃ノ心は左で相手の頭を押さえつけながら右から掬い投げ。朝乃山は腹這いの状態で土俵に叩きつけられ、待望の10勝目を確信した栃ノ心は右手で小さくガッツポーズを作ったが、すぐさま物言いがついた。

ビデオの拡大画像でも分からず……。

 栃ノ心が土俵際で投げを打った際に右足踵が出ていたのではないか。

 テレビ中継でもその場面をスローVTRで何度も流していたが、栃ノ心の右足踵が俵の外に敷き詰められた蛇の目の砂を払った形跡ははっきりとは確認できず、拡大画像でも俵の上に乗った踵は浮いているように見えた。

 物言いをつけたのは勝敗のゆくえを目の前で見届けていた西土俵下の放駒審判委員(元関脇玉乃島)で、軍配が栃ノ心に上がったとほぼ同時に右手を挙げていることがテレビ中継の画面でも確認できる。

 審判団の協議は異例の長さとなる約6分にも及んだが、栃ノ心の右足が出るか出ないかのタイミングと朝乃山の体が落ちるのでは明らかな時間差があり、同体取り直しはあり得ない。

 審判団は難しい決断を迫られたが結局、軍配差し違えで朝乃山の勝ちとなった。

相撲協会に殺到した苦情電話。

 右に回り込んだ栃ノ心の右踵が俵を踏み越していたと審判団は判断したのだが、打ち出し後、報道陣に囲まれた放駒親方は「栃ノ心の踵が砂を連れてきたように見えた」と独特な表現で見解を語った。

 蛇の目の砂が舞って踵にいったん付着し、その後、踵に付いた砂がパラリと土俵に落ちたように見えたという。

 物言いの協議では多数決が用いられることが少なくないが、今回のケースは放駒親方以外の審判の位置からは見えづらく、多数決を採用するのは適当ではないと判断した審判団はビデオ室に意見を求めるも、踵は浮いているように見えるが結論付けるのは難しいとのことで、最終的に現場の目を重視するに至ったという。

 判定直後から相撲協会には栃ノ心が勝っていたという抗議の電話が殺到。ネット上でも「誤審」という声がさかんに飛び交った。

横綱大鵬が誤審で連勝記録ストップに。

 今では多くのスポーツ競技でビデオ判定が用いられている。

 日本のプロ野球でも2010年の公式戦から導入され、現在は「リクエスト」という制度が確立されている。

 一方、大相撲は他のスポーツに先駆け、今から50年も前の1969年5月場所からビデオ判定の導入に踏み切っており、その前の場所で横綱大鵬が誤審によって連勝記録が45でストップしたことがきっかけとも言われている。

 しかし、ビデオとて必ずしも万能というわけではない。

 映す角度によって見え方が全く違うというのは、角界関係者なら誰もが持ち合わせている常識だ。

映像は必ずしも真実を映し出すとは限らない。

 ある方角からは足が出たように見えるが、別の方角からは残って見えるというのはよくあることだ。また、審判経験の長いある親方は「蛇の目の砂がわずかにえぐれたぐらいでは、上からの映像では映らないこともある」と語る。つまり、映像は必ずしも真実を映し出すとは限らないのだ。

 くだんの一番を「令和の大誤審」だと声高に叫んだり、審判部を批判する人たちも、所詮はテレビ映像というフィルターを通してしか見ていないことは指摘しておきたい。

 世界のスポーツに先駆けて半世紀も前に大相撲は勝負判定にビデオを採用したが、あくまでも参考程度という位置付けにとどめておいたのは、先人たちの奥深い知恵と絶妙なバランス感覚によるもののような気がしてならず、今にして思えばテクノロジー偏重に陥りがちな現代人への無音の警笛だったのかもしれない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon