古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

予選敗退の瀬戸大也はどこで“間違った”のか 追い抜かれたとき「自分は追いかけなくていいやと思っていました」

Number Web のロゴ Number Web 2021/07/25 11:45 松原孝臣
400m個人メドレー予選で途中まで先頭を泳いでいた瀬戸大也だったが自由形で失速。まさかの敗退に本人も驚きを隠さなかった © Number Web 提供 400m個人メドレー予選で途中まで先頭を泳いでいた瀬戸大也だったが自由形で失速。まさかの敗退に本人も驚きを隠さなかった

 茫然とした表情と言葉がすべてを物語っていた。

「ちょっと信じられません」

 7月24日、競泳男子400m個人メドレー予選に出場した瀬戸大也は4分10秒52でゴールし、全体で9位。決勝に進める8人に入ることができず、この種目は予選敗退に終わった。

 バタフライを55秒07のトップでターンし、続く背泳ぎでも1位で折り返す。3つ目は得意の平泳ぎ。ここでリードを広げて最後の自由形へ。

 だが自由形では最後の50mで4人に抜かれ、この組の5位。全体でも9位にとどまった。4分10秒52と自己記録から4秒あまり遅いタイムに終わった。立ち上がりからの一連の泳ぎは調子のよさを思わせたし、最後の失速は思いがけない出来事のようだった。

「読み、めちゃくちゃ間違えました」

 瀬戸がこう語る理由は、決勝を見据えた戦略にあった。

目標タイムは「4分11秒0くらいでした」

「何番でもよいので、明日(25日の決勝で)、ベストパフォーマンスができるように、自由形も気持ち良く泳いでいて」

 午前決勝の今回は、予選から半日あまりで決勝を迎える。体力を温存したい気持ちがあった。だから、「余力はありました」。

 予選での目標タイムは「4分11秒0くらいでした」という。それはクリアしているから、他の選手の泳ぎを読み違えていたことになる。

 今シーズンの、瀬戸を含めた世界ランキングで見れば、世界の8番目のタイムは4分10秒33。

 ただこれは、各国の代表選考会の決勝など選手にとって力の入るレースで出たタイムがほとんどだから、予選からそこまで飛ばしてこないと考えての読みだったのだろう。それに、ライバルの1人になると見られていた若手成長株の18歳、イリヤ・ボロディン(ロシア)は新型コロナウイルスに感染したことで、今大会には出場していない。それも影響したかもしれない。

 出場している選手の今大会までの成長、あるいはオリンピックの予選へ懸ける意気込みといった点は、読み通りにはいかなかった。

「自分は追いかけなくていいやと思っていました」

 瀬戸自身、予選から決勝の進め方については苦い思い出がある。

 銅メダルを獲得したリオデジャネイロ五輪400m個人メドレーでは、予選は4分8秒47のタイム、全体2位で決勝に進んだ。だが決勝では、4分9秒71と予選からタイムを落として銅メダルの成績で競技を終えた。

「予選から行き過ぎたこと、予選から決勝までに体力が回復しきらなかったことが反省点です」

 リオのすべてのレースを終えたあと、400m個人メドレーをこう分析した。

「今度は繰り返さないようにしたいです」

 とも語っていた。

 5年前の記憶が残っていたから、体力を残したかった。それでも予選は通ると考えていた。自由形で追い抜いて先行する選手たちにこう思ったという。

「頑張ってるなって。自分は追いかけなくていいやと思っていました」

 自身の想定を信じ、他者の存在が目に入らなくなっていた。

実戦の感覚が薄れていたのか

 実戦の感覚不足も影響したか。

 瀬戸はこれまで、同じ趣旨の話を何度かしている。例えば、2013年には「大会にどんどん出る中で調子をつかんでいく、あげていくタイプだと思います。感覚もつかめてくる」と語り、2019年、日本選手権の前にも「たくさん泳ぐことが自分にはプラスになります」と話した。

 もともと1つの大会で複数種目に出て、強化を重視する時期には、多くの大会に出場して調子を上げていくのがパターンだ。

 昨年、オリンピックが1年延期になったあと、不祥事もあって実戦の機会は計画していた数よりも減った。

 6月から長野県内で泳ぎこみ、調子を取り戻してきたと手ごたえを得ていた。

 読み違えはあったにしても、あるいはレース展開の読みも含め、実戦の感覚が薄れていた影響も考えられる。

 いずれにせよ、痛恨のレースだった。

瀬戸のオリンピックはまだ続く

「決勝でもう1回泳ぎたいという気持ちがあります」

 どこまでも後悔しかない思いが込められた言葉は、しかし、かなわない。

 いちばんの強みであり勝負する種目である400m個人メドレーは思いがけない形で終わった。

 だが瀬戸のオリンピックが終わったわけではない。200mバタフライと、200m個人メドレーが控えている。

 1レース泳いだことで、感覚も少し取り戻せているだろう。

「4個メで全力で泳いでいる姿を応援している方々に見せられていないので。残り2種目でそういう姿を見せたいと思います」

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon