古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

「お前」は不適切なフレーズなのか?中日応援歌に見る選手とファンの関係。

Number Web のロゴ Number Web 2019/07/03 12:30 日比野恭三
「そんなに強く主張したつもり、無かったんだけどな~」というボヤキが聞こえてきそうな与田監督。選手、ファン、報道のあり方を考えさせられる出来事。 © Bungeishunju Ltd. 提供 「そんなに強く主張したつもり、無かったんだけどな~」というボヤキが聞こえてきそうな与田監督。選手、ファン、報道のあり方を考えさせられる出来事。

 あれはたぶん、高校2年生の初日だった。担任になった国語の先生が、教壇に立つなり開口一番、こう言った。

「ぼくはたぬきだ!」

 あっけにとられたが、すぐにタネは明かされた。「友だちとうどん屋に入って、注文している時の会話を再現した」という説明だった。

 言葉の表面だけを切り取れば、動物のタヌキに擬態してのセリフともとれるし、きつねうどんを注文した人に続いてたぬきうどんを注文した人のセリフともとれる。「言葉は状況によって異なる意味を持つ」ということを、先生は進級したばかりの私たち生徒に教えてくれたのだ。

 私はその時、強烈なインパクトを受けると同時に、日本語の豊饒さをしみじみ感じたように記憶している。

 そんな20年ほども前の光景が思い返されたのは、7月1日、言葉に関する“騒動”が持ち上がったことがきっかけだった。

 ツイッターで、中日ドラゴンズ応援団が【重要なお知らせ】として、以下のように発信した。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 この度、当団体で使用している「サウスポー」について、チームより不適切なフレーズがあるというご指摘を受けました。この件について球団と協議した結果、当面の間「サウスポー」の使用は自粛させて頂くこととなりました。

 皆様には何卒ご理解、ご協力の程宜しくお願い致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~

 その後の報道で、ことの経緯は明らかになっていく。

「お前が打たなきゃ誰が打つ」はダメ!?

 要約すると、ドラゴンズの与田剛監督が応援歌「サウスポー」の歌詞にある「お前が打たなきゃ誰が打つ」の「お前」という表現に対し、「『お前』ではなく選手の名前で呼んでほしい」との意見を球団側に伝えた。その旨は球団から応援団へ要望として伝えられ、歌詞の急な変更は難しいと判断した応援団が、当面の演奏自粛を決めた――。

 ただ、与田監督の「『お前』ではなく名前で」というコメントは2日になってから出てきたもの。“騒動”初日の段階では、応援団のツイートで「不適切なフレーズ」とされたものがどうやら「お前」の箇所であるらしいこと、そして発端は「チーム内から『選手に失礼では』と疑問視する声が上がった」(朝日新聞デジタル)ことだったと徐々に判明。

 さらに、与田監督が「『お前』という言葉を子どもたちが歌うのは、教育上良くないのではないか」と指摘(スポーツ報知)したことも伝わってきて、騒ぎはいっそう熱を帯びた。

 この件を知った時、私は率直に言って驚いた。

 ファンが応援歌の歌詞の一部として、選手のことを「お前」と呼ぶのは不適切なのか。選手に失礼なのか。子どもたちへの教育上よくないことなのか。

 言葉は時代とともに淘汰されるとはいえ、「お前」が消えるのはいくら何でも早すぎる……。

この場面の「お前」の持つ意味とは?

 筆者個人の価値観に照らした時、どうしても首を縦に振ることはできなかった。

 語源云々はさておき、現代の用法について考えを巡らせてみると、「お前」は、目下の者へのやや乱暴な呼称として使われることもたしかにあれば、仲間や身内に対して、親しい者どうしだからこそ許される呼称としても機能している。

 対等な関係であると認め合っていれば「お前」と呼ばれても何とも思わない人が多いだろうし、相手より上の立場にあると認識している人が、その相手から「お前」と呼ばれれば「失礼だ」と感じるだろう。

 人と人との関係性を反映するものだから、「お前」という言葉が持つニュアンスも、ケースバイケースでさまざまだ。

 監督を含む球団・チーム側と、応援団を含むファンの側。その両者を結ぶ「お前」は、いったいどんな意味を持つべきなのだろう?

「球団>ファン」という上下関係になるのか?

 球団側が、ファンから「お前」と呼ばれることを「不適切」「選手に失礼」と感じ、その心証を明らかにする時、それは同時に「球団>ファン」という“不等号”の存在を示唆してしまう。

 あえて強調的に書けば、「球団・選手を何だと思っているんだ」と不満げに憤っている印象をファンに与えかねない。たとえそれが本意ではないとしても、だ。

 与田監督の「『お前』ではなく名前で」という「提案」が先に出てきていたのなら、「サウスポーをやめろと話したわけではありません」という与田さんらしい柔和なコメントが先に一言あったなら、よりソフトな反応にとどまり、建設的な議論に発展していたのかもしれない。

 だが、「不適切」や「失礼」といった強力なワードが先行したがゆえ、少なくないファンが悲しみや失望、怒りを覚えることになってしまった。

 与田監督が「お前」の一語をよしとしない感覚を持つこと自体は、それこそ個人の価値観であり、何も問題ないと思う。だが、その意を受けた球団が、組織として同じ価値観を共有すべきとは限らないし、ファンからの「お前」に対する違和感が球団オフィシャルの見解という印象とともにファンに伝わることは何より避けられるべきだった。その点に関しては、球団のコミュニケーションの方法にも大きな問題があったのではないだろうか。

「選手=ファン」の“等号”で結ばれる関係性を。

 ドラゴンズがチャンスを迎え、ファンが盛り上がる場面で歌われる『サウスポー』の、「お前が打たなきゃ誰が打つ」のフレーズにあるのは、上からの目線でも非礼でもなく、声を放つ側の熱情と選手への信託だ。自由な解釈が許されるならば、ファンたちの「おれたちは打席に立てない。だから、お前が打たなきゃ誰が打つ」という心からの願いと読み取ることだってできる。

 仲間として「お前」と叫ぶ。

 その声に選手が鼓舞される。

 ともに勝利を追い求める者どうし、「選手=ファン」の“等号”で結ばれる関係性を、応援に声を嗄らすファンたちは望んでいるに違いない。

 冒頭の話に戻ると、担任の先生と私がうどん屋の同じテーブルについていたなら、「ぼくはたぬきだ!」と言い出した先生の顔を訝しげに見つめることはなかった。

 多様な意味を持ちうる言葉に、異なる人どうしが同じ意味を見いだせるのはなぜか。

 それは、彼らが同じ場所にいて、同じものを見ているから。

 球団とファンの関係性も、そうあることが理想的だ。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon