古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

オリの心優しき助っ人ディクソン。「日本の人や文化が好きですから」

Number Web のロゴ Number Web 2018/09/20 08:00 米虫紀子
7月17日の日本ハム戦では4年ぶりとなる完封勝利を挙げたディクソン。「本当にうれしい」と笑顔を見せていた。 © photograph by Kyodo News 7月17日の日本ハム戦では4年ぶりとなる完封勝利を挙げたディクソン。「本当にうれしい」と笑顔を見せていた。

 今年も2桁勝利はかなわなかった。来日6年目のブランドン・ディクソンである。

 来日1年目の2013年に8勝を挙げ、'14~16年は3年連続で9勝。昨年も8勝と、あと一歩で10勝に届かずにいた。

 今年は打線の援護に恵まれなかったこともあり、初勝利は10試合目、7月1日まで待たなければならなかった。それでも、7月17日には4年ぶりの完封勝利を挙げる。それは今季のオリックスの初完投であり、開幕からのチームの完投ゼロの試合数がプロ野球記録に並ぶのを阻止した。

 8月24日の千葉ロッテ戦では、風速15mを超える強風の中、ユニフォームが風でバタバタとはためくのもお構いなしに、淡々と投げ続けた。

「強風が吹いていても投げなければいけないことに変わりはないので、その中でできることに集中しました」と涼しい顔で振り返った。

得意のナックルカーブ以外にも。

 得意のナックルカーブが風で曲がりすぎてコントロールが難しく、一方でチェンジアップは風の影響を受けて効果的に曲がったため、そのチェンジアップを多投。味方守備陣が飛球の捕球に苦しむであろうことを考慮して、「フライを上げさせないように気をつけた」とゴロを打たせる投球で7回1失点に抑え、今季4勝目を挙げた。

 今年は昨年までに比べてナックルカーブの曲がりが小さくなったが、後半戦は、その分、チェンジアップなどをうまく使い、投球の幅を広げた。

 捕手の若月健矢は言う。

「前半戦はツーシームとナックルカーブの2つだけできつかったんですが、後半戦はチェンジアップやカットボールなどいろいろな球種を使えていて、その中で相手は、ナックルカーブがいつくるんだろう、いつくるんだろう、となっていると思う。その駆け引きができていますね」

 トラックマンのデータでは、今年はチェンジアップのリリースポイントが最も安定していたという。

 しかし残念ながらその後、ディクソンは右肩の炎症と診断され、9月に登録抹消となった。

打線の援護に恵まれなくても。

 ディクソンは今年に限らず、来日以来、打線の援護に恵まれない印象がある。打線との兼ね合いがよければ、とっくに二桁勝利はクリアしていただろう。また、今年は勝ち投手の権利を持ってマウンドを下りたあとに、リリーフ投手が同点、逆転を許し、ディクソンの勝ちが消えた試合が3試合もあった。

 しかしそうした不運にもディクソンは揺らがない。勝った負けたで一喜一憂しないのだ。

 登板後のコメントも、自分のピッチングを冷静に振り返るものが多い。例えば6回1失点で敗戦投手になったとしても、負けたからダメというのではなく、よかった部分はよかったと、自分で自分を認める。

 今季の前半戦、勝てなかった時期も、「自分の中ではそれほど悪いと思っていなくて、ただ運がなかったと言ったほうが、自分の中では適しているかなと思う。確かに四球で試合を崩してしまったこともあったけど、全体的に見れば悪くはないので、自分を信じて、自分のできることをやっていくだけ」と考えて乗り越えた。

心底嬉しそうだった完封勝利。

 そんなディクソンが、心底嬉しそうに笑ったのが、7月17日の北海道日本ハム戦の完封勝利のあとだった。

 9回途中で球数は140を超え、2死から連続四球で満塁のピンチを作ったが、決してマウンドを譲らなかった。顔を真っ赤にしながら投げ続け、最後はオズワルド・アルシアをファールフライに打ち取った。もともとは打たせて取るスタイルのディクソンが、この日は三振12個を奪っての完封だった。

 試合後は顔を紅潮させたまま、興奮気味に語った。

「自分でも何が起こったかわかりません。今日はまっすぐ、カーブ、チェンジアップ、カットボール、すべてで三振を取れた。どの球種も調子がよかった。今日は味方に多く点数を取ってもらっていたので、その分しっかりとゾーンで勝負できました。

 今まではあまり長いイニングを投げさせてもらっていなかったので、試合中は、このまま最後までいかせてもらえるのかな? という気持ちと、今日は大量リードしているので最後までいかせてもらえるだろう、という気持ちが半分半分でした。9回はもうバテてしまって、なかなか思うようには投げられなかったんですが、ただ最後まで投げ切りたいという一心で投げました」

「静かで小動物みたい」(若月)

 普段は6、7回、100球程度で交代することが多いため、そういうスタイルなのかと思いきや、そうではなかった。

「試合の中で、うしろの(リリーフ)ピッチャーが行ったほうがいい場面もあるので、そういうときは気持ちよくマウンドを渡しますが、それ以外の時は常に最後までいきたいという気持ちでいます」と珍しく自我をのぞかせた。

 ヒーローインタビューのあと、次女のケンジーちゃんと一緒にグラウンドを1周するディクソンは誇らしげで、幸せそうだった。

 ディクソンはグラウンドの中でも外でも穏やかで、マウンド上でもほとんど感情を表に出さない。若月は、「静かで、小動物みたい。たとえ打たれても変わらないし、そこがすごいと思います」と言う。

来日後生まれた長女は“ナラ”。

 そんな落ち着いた性格が、日本の水に合ったのだろうか。ディクソンは非常に日本を愛し、居心地のよさを感じていると言う。

「日本の“人”が好きですね。人や日本の文化が、自分の性格に合っているし、家族もみんな好きで、心地よく過ごせる。安全だし、環境もいいですから」

 ディクソンが来日後に生まれた長女には、“ナラ”と名付けた。

「自分が日本にいる間に生まれた子なので、何か日本にちなんだ名前をつけたいと思いました。自分は動物が好きで、その中でも特に好きなのが鹿です。鹿といえば、奈良ですよね。それが名づけた理由の1つです」

 これほど日本を愛してくれる心優しき助っ人に、来年こそは2桁勝利を、と願わずにいられない。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon