古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

大谷、メジャーで二刀流可能?6人ローテを快く思わない投手も

デイリースポーツ のロゴ デイリースポーツ 2017/11/14 デイリースポーツ/神戸新聞社
メジャー挑戦を表明した日本ハム・大谷 © デイリースポーツ/神戸新聞社 メジャー挑戦を表明した日本ハム・大谷

 米大リーグの球団幹部や代理人が集まるGM会議が13日(日本時間14日)、フロリダ州オーランドで始まった。話題の中心は今オフにポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を正式表明した日本ハム・大谷翔平投手(23)。会場は二刀流の実現に向けて、各球団のアピール合戦の場と化した。

 二刀流継続を希望する日本ハム・大谷の獲得に向けて、各球団の思惑が垣間見えたGM会議の初日。「それは良い質問だ」とタイガースのアビラGMが反応したのは「6人ローテーションの可否」だ。

 メジャーでは5人ローテーション、中4日で先発するのが基本。「年間30先発&200イニング投球」が一流投手の証しでもある。「個人事業主」の意識が強いメジャー選手。同GMは「6人にすると必然的に登板数が減り、翌年の年俸にも影響する可能性が出てくる。嫌がる投手は多いだろう」と話す。

 二刀流を継続するためのベストな形。それは大谷が中4日のペースを維持しながら打者としても出場することだが、それがいかに難しいことかは日本投手の歴史が証明している。大谷の体調を考慮し、そのたびにローテを変更することも可能だが、快く思わない投手も出てくるだろう。

 アビラGMが見せた反応と発した言葉は、二刀流の維持がチームにとっても大きなチャレンジであることを如実に物語っている。

デイリースポーツの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon