古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

平昌五輪会場で行われる四大陸選手権。課題山積みの大会周辺を現地レポート。

Number Web のロゴ Number Web 2017/02/17 田村明子
フィギュアスケート公開練習時の江陵アイスアリーナ。大きく、真新しく、最新設備が整った良いリンクのようである。 © photograph by Yonhap/AFLO フィギュアスケート公開練習時の江陵アイスアリーナ。大きく、真新しく、最新設備が整った良いリンクのようである。

 来年2月に行われる平昌五輪の開催地で、2月16日から五輪テストイベントを兼ねた四大陸選手権が開幕した。

 フィギュアスケートの会場があるのは、スキーなどが開催される平昌から沿岸に向かって車で1時間弱ほどの距離にある江陵(カンヌン)である。

 五輪用に仁川空港から平昌まで高速鉄道が建設中とされているがまだ完成しておらず、今回関係者は空港からバスでの移動となった。

 著者も金浦空港から小型バスに乗り込んだが、運転手はできたばかりの高速道路を怖いほどのスピードですっ飛ばした。それでも3時間半たっぷりかかり、とにかく遠いというのが第一印象であった。

会場まで片道40分かかる選手宿泊ホテルって……。

 さてようやく到着した江陵は、海辺のリゾートタウンで夏にはおそらく海水浴客でにぎわうのだろう。だが真冬の今は、人通りもほとんどなく、正直に言うなら全体がかなりうらぶれた雰囲気である。

 メディアホテルのある周辺には、小型のリゾートホテルらしき建物と、一目でそれとわかる派手なデザインのラブホテルが混在していて、かなり微妙な雰囲気だ。だがそれでも、会場から車で10分というこのホテルを確保できたのはラッキーだった。

 運営側から指定されたメディアホテルのほとんどは、部屋数が20室程度の小さなホテルであっという間に満室となり、あぶれた関係者は車で40分ほどの離れたホテルから毎日往復1時間半近くかけて通うことになった。

 驚いたのは、選手用ホテルもやはり車で片道40分ほどの距離だということである。万が一選手が衣装などの忘れ物をしたら、気軽に取りに戻れる距離ではない。

 また競技のある日に、公式練習と本番で1日に2度往復することになれば、体力的にもかなりの負担に違いない。

平昌全体のホテル不足は深刻そうで……。

 平昌五輪ではこれまで何度も、開催時のホテル不足の懸念が報道されてきたが、実際に現地に入ってみるとそれが誇張でも何でもないことがわかった。

 ソチ五輪のテストイベントだった2012年12月のGPファイナルのときは、周辺がどこもかしこも建築ラッシュで、五輪までに必死で完成させようという活気に満ちていた。

 だがこの江陵ではそのような活気も感じられず、大きな建築物の建設が進行している様子もない。

 平昌の山のほうにはいくつかホテルが建設中だというが、江陵で目に入るのは、日本でいうならホテルというよりは「〇〇旅館」と呼んだ方がふさわしいようなこぢんまりしたホテルばかりである。

 収容人数の多い高層の近代的ホテルは見当たらず、たとえそのような施設が建てられても、この土地ではその後の維持は困難だろう。

 五輪には選手とコーチ、オフィシャルなど関係者だけでおよそ6500人、報道関係者がさらに2000人ほど集まることが見込まれている。選手は選手村に滞在するとしても、関係者と観客たちすべてに対応できるような施設が、あと1年で整うのだろうか。

 今の江陵の様子を見ると、とても五輪を開催できるような場所には見えないのである。

空港、ホテル……浮き彫りとなった運営の不手際。

 さて肝心の運営のほうはどうか。

 筆者が最初に不安を感じたのは、金浦空港に到着したときである。

 どの国際大会でも、その玄関口となる最も会場に近い空港の到着ロビーには、当然大会のインフォメーションデスクが設置されている。だが金浦空港には、四大陸選手権の歓迎デスクは影も形もなかった(仁川空港のほうにはあったと後に関係者に聞いたが)。

 送られてきた資料には、本数はわずかとはいえ、ホテルから会場までのシャトルバスの時刻表が入っていた。

 到着したメディアホテルでフロント嬢にシャトルバスの乗り場を聞くと、「そんなものがあるとは聞いてないです」と片言の日本語を話してくる。他のジャーナリストに聞いてみると、もう一軒のメディアホテルでもまったく同じ対応だったという。

 翌朝、スケジュールの時間通りにバスがホテルの前に唐突に現れた。

 だがホテル関係者は、誰もそのことを知らされていなかったのだ。

英語が通じないタクシー。手配する方法も無い……。

 このメディア用シャトルバスも、運航を開始したのは競技開催の当日からだった。

 早目に現地に入って公式練習から取材をしていた記者たちは、当然ながら会場までタクシーで往復をしていた。

 だが、2日目にはプレスルームのヘルプデスクの前に、「タクシーを呼ぶのは私たちの仕事ではありません」と英語で書いた紙が貼られていた。

 世界中どこの国に行っても、記者用のタクシーの手配をボランティアがやってくれるのは普通のことだ。まして英語を解さない江陵のタクシーを、韓国語のわからない海外メディア関係者はいったいどうやって呼べというのか。

 欧州からやってきた記者たちも、ヘルプデスクの「ヘルプ」は、いったい何の意味なのかと、前代未聞の対応に呆れかえった。

 会場もまだ完成していない五輪村の真ん中で、周辺には何もない――。

 流しのタクシーを拾うために関係者たちは重い機材を担いで延々と大きな通りまで歩いたという。

やたら数の多いボランティアが……ただただ邪魔です。

 会場に行って目についたのは、不要なボランティアの数の多さである。

 国の玄関口である空港には1人もおらず、メディアホテルにもヘルプデスクは設置されていない。それなのに会場の中にだけ、邪魔なほどの数のボランティアたちがたむろして、リンクをバックに記念撮影などをしたり、選手を捕まえて写真をねだったりしている。

 これとそっくりな状況を見たことがある。

 これまで取材してきた5回の冬季五輪の中でもっとも不快な体験だったトリノ五輪だ。

 荒川静香の金メダルで日本のファンにとっては思い出深い五輪だが、現地で取材する側にとっては運営の不手際が多い、つらい大会だった。

 何を聞いても答えられない物見遊山気分のボランティアが大勢たむろし、会場の限られたスペースを占領して試合を見て楽しんでいた。

 江陵アイスアリーナにも、何をしているのかわからないボランティアが歩くのに邪魔になるほどいるのである。

 タクシーを呼ぶのは仕事ではないと主張する彼らが、いったい何をしていたのか……いまだに理解できないままだ。

新設の江陵アイスアリーナだけは、概ね好評!

 批判ばかり書いてきたが、会場となった江陵アイスアリーナは選手たちには概ね好評である。建設の遅れが懸念されてきたが、12000人収容できる美しいアリーナが無事に完成した。

 2010年のバンクーバー五輪チャンピオンで、平昌で2度目の金メダルを狙うカナダのアイスダンサー、テッサ・バーチューは記者会見で、「氷の状態も理想的で、五輪会場に求めるすべてを兼ね備えた素晴らしい会場」と絶賛。

 競技用の箱が出来上がった今、あと必要なのは人員のトレーニングである。

 韓国は日本や中国と違ってGP大会のホスト国ではないこともあり、国際大会の運営にはそれほど慣れているわけではない。1年後に控えた五輪のために、国際スケート連盟(ISU)が主導権をにぎって、現地スタッフの育成につとめてほしいものだ。

 来季の本番までに、少しでも状況が改善されることを願うばかりである。

Number Webの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon