古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

松坂大輔激白「何が何でも」現役続行にこだわる理由

日刊スポーツ のロゴ 日刊スポーツ 2018/01/13 06:39 日刊スポーツ新聞社

 【ロサンゼルス(米カリフォルニア州)11日(日本時間12日)=四竈衛】1軍マウンド復帰を目指し、米国で自主トレをしている松坂大輔投手(37)が取材に応じ、中日入団への決意を明かした。今オフ、ソフトバンクを退団し、今月下旬に中日の入団テストを受ける予定。日米通算プロ20年目となる今季、1軍復帰登板への覚悟を示した。どんな困難が待ち受けていても、1軍登板を諦めない。

 晴れ渡った青空の下で、松坂は黙々と汗を流していた。引き締まった体で軽快にメニューをこなす一方で、表情は柔らかい。気温21度。「暖かいから去年より投げられてます」。キャッチボールの際は随時、距離を計測しながら強度を調整し、最後は平地ながら腕を強く振り、糸を引くような速球で締めくくった。

 昨季終了後、コーチ兼任などの打診もあったソフトバンクを退団することを決意し、自由契約となった。3年間で公式戦登板はわずか1試合。非難の声があることは覚悟のうえで、現役専念の道を探った。「投げることで恩返しをしたかったのですが、できなかった。ホークス、ホークスのファンに心残りというか、申し訳なかったという気持ちでしかないです」。心苦しさを抱えつつも、自分の気持ちを偽るわけにはいかなかった。

 「何が何でも続けたい。諦めたくない。周りの反応、言葉に惑わされたくない。何を言われようが、自分でしっかり決めてやる、と思って進んできたつもりです」。強い逆風を承知で、前へ踏み出した。

© Nikkan Sports News 提供

 国内球団から声がかからなければ、米国独立リーグ移籍も視野に入れていた。昨季終了後は、家族のいるボストンに帰宅。古巣レッドソックスの本拠フェンウェイパークでレ軍スタッフのサポートを受けながら肩周囲のトレーニングを続けた。

 「どんな形になっても、まだ続けると思っていた。周りが辞めた方がいいと言っても、そうとは思わないです。自分が納得できるならいいですけど、このまま立ち止まってしまったら、この先の人生で後悔すると思います」

 レ軍時代に右肘、15年8月には右肩手術を受けたこともあり、かつて「怪物」の異名を取った当時の剛速球を投げられるわけではない。ただ、復活の可能性がある限り、悔いが残る決断を選択するつもりはなかった。

 現在は、今月下旬に名古屋で実施される中日の入団テストへ向けて調整中。「下の子(第3子次女=8歳)は、試合で投げている姿をほとんど見ていない。1度くらい、しっかり仕事しているところを見せたい。選手としても、父親としても、というのはあります」。応援してくれるファン、サポートしてくれた関係者、何より最愛の家族のためにも、松坂は険しい前途へ立ち向かう姿勢を変えていない。

日刊スポーツの記事をもっと読む

image beaconimage beaconimage beacon